菅野美穂が四川省のパンダの生態に迫る「パンダフルライフ」ナレーション : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月22日 > 菅野美穂が四川省のパンダの生態に迫る「パンダフルライフ」ナレーション
メニュー

菅野美穂が四川省のパンダの生態に迫る「パンダフルライフ」ナレーション

2008年5月22日 12:00

かわいいパンダと菅野の声に癒されそう「パンダフルライフ」

かわいいパンダと菅野の声に癒されそう
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優・菅野美穂が、8月30日から全国公開されるパンダの実態を追うドキュメンタリー「パンダフルライフ」(毛利匡監督)で、初の映画ナレーションを務めることが分かった。

映画「パンダフルライフ」は、パンダたちの1年を通して、子育てや子供たちの成長など、これまであまり知られていなかったパンダの暮らしぶりを余すところなく追うドキュメンタリー。パンダといえば、先月末に東京・上野動物園のリンリンが他界し、今月初めに来日した中国の胡錦濤国家主席が、オスとメスの2頭のパンダを日本に貸し出すと申し出るなど話題の存在。

さらに映画の舞台となるのは日本の和歌山県と、先日、大地震が発生し今なお救助活動が続く中国の四川省だ。四川省には絶滅の危機に瀕しているパンダを救うための、中国最大規模の研究施設「成都パンダ繁育研究基地(成都大熊猫繁育基地)」があり、同作では海外の映画撮影隊としては初めて産室での密着取材を許可され、これまで目に触れることがほとんどなかった、貴重なパンダの子育ての様子を撮影することに成功している。もう1つの舞台、和歌山県白浜町にあるアドベンチャーワールドでは、双子のパンダを自力で育てた母パンダ・メイメイの姿を追う。

パンダ、四川省など、何かと暗い話題が続いてるキーワードが並ぶドキュメンタリー映画だが、少女漫画家のくらもちふさこ(「天然コケッコー」原作者)が、映画用のキャラクターイラストを描き下ろすなど、ほのぼのとしたタッチに仕上がりそうな予感。菅野のやわらかな声が心をほんわかさせてくれそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi