デフ・レパード、25年ぶりの小規模ライブにハラハラ。来日公演も決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月15日 > デフ・レパード、25年ぶりの小規模ライブにハラハラ。来日公演も決定
メニュー

デフ・レパード、25年ぶりの小規模ライブにハラハラ。来日公演も決定

2008年5月15日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] キャリア30年、アルバム総売上約6500万枚に及ぶ、イギリスを代表するハードロックバンド、デフ・レパード。5月9日、新作「ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ」(DVD付特別盤は5月21日発売)のリリースを記念して、ロンドンのイズリントン・アカデミーでライブを行った。

同会場の収容人数は約800人。アリーナやスタジアムに慣れているバンドにとって、約25年ぶりとなるクラブ規模のライブだった。終演後にフロントマンのジョー・エリオットは、「スタジアムはある程度、安全なんだ。でも、こういう小規模のライブでは、観客が何を話しているのか聞こえてくるし、彼らが置いたビールのグラスにも気をつけなくちゃいけない。それに、何度かマイクスタンドを振り上げようと思ったけど、サブ(リック・サベージ/ベース)の頭に落とすんじゃないかと心配だったよ」と語っている。

そのデフ・レパードが10月に来日し、同じくイギリスのハードロックバンド、ホワイトスネイクとカップリング公演を行うことが決定した。6月に実施される両バンドのカップリングツアーが、そのまま日本に来る形だ。来日公演は、10月23、24日、東京・日本武道館にて。問い合わせは、ウドー音楽事務所まで。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi