スピルバーグ監督が、リンカーン大統領を描く歴史劇を準備! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月13日 > スピルバーグ監督が、リンカーン大統領を描く歴史劇を準備!
メニュー

スピルバーグ監督が、リンカーン大統領を描く歴史劇を準備!

2008年5月13日 12:00

泣かせるエピソード満載?「シンドラーのリスト」

泣かせるエピソード満載?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(6月21日公開)のスティーブン・スピルバーグ監督が、今秋撮影するピーター・ジャクソン監督と共作の「タンタンの冒険旅行(Tintin)」の次に、エイブラハム・リンカーン大統領と南北戦争をテーマにした歴史劇に挑むことになった。独週刊誌フォーカスが伝えたもので、ドリームワークス製作の第16代米大統領を描くプロジェクトは来年早々に撮影開始されるという。

スピルバーグ監督は、脚本家アーロン・ソーキンが脚色した1968年シカゴの米民主党全国大会でベトナム反戦デモを繰り広げた7人を題材とした「シカゴ7裁判(The Trial of the Chicago Seven)」を現在準備中で、同作はサシャ・バロン・コーエン(「ボラット」)らのスターを揃えていたが、脚本が米脚本家組合(WGA)ストライキ期間中にリライトできなかったことが響いてまだ未完成なため、どうやら先送りされる見通しだ。

93年に「ジュラシック・パーク」と「シンドラーのリスト」を手がけたように、スピルバーグ監督は娯楽性に富んだ作品と社会派ドラマを交互に撮ってバランスをとるタイプで、「タンタン」の後に、このプロジェクトに挑むことは理に適っている。

同作は、ピュリッツァー賞を受賞している歴史学者ドリス・カーンズ・グッドウィンによるリンカーンの伝記を原作にしたもので、脚色を「エンジェルス・イン・アメリカ」の原作・脚本、「ミュンヘン」でリライトを担当したトニー・クシュナーが務める。

なお、リンカーン大統領は、「シンドラーのリスト」でオスカー・シンドラーを演じたリーアム・ニーソンが演じる予定。すでに同監督と3年以上も前から約束を交わしており、彼は09年初頭のクランクインを今か今かと待っているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi