日本の原作コミックを映画化「軍鶏 Shamo」主演のショーン・ユーを直撃! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月9日 > 日本の原作コミックを映画化「軍鶏 Shamo」主演のショーン・ユーを直撃!
メニュー

日本の原作コミックを映画化「軍鶏 Shamo」主演のショーン・ユーを直撃!

2008年5月9日 12:00

「スラムダンク」も狙ってる?「軍鶏 Shamo」

「スラムダンク」も狙ってる?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 橋本以蔵原作の人気漫画を映画化したバイオレンスアクション「軍鶏 Shamo」の公開に合わせ、主演を務めた香港の若手俳優ショーン・ユーがPRで来日。映画化される前から原作の大ファンだったという彼が熱く語った。

有名私立校に通うエリート高校生の成嶋亮(ショーン・ユー)が両親を殺害するという衝撃的な事件を起こす。少年院に送られた亮は陰湿ないじめに遭い、そこで自らの命を絶とうとするが、伝説の空手家・黒川(フランシス・ン)に出会い、肉体を鍛錬することで毎日を生き抜いていく。そして2年後、出所した亮はTVで格闘技興行“リーサル・ファイト”を目にし、ショーアップされたその内容に衝撃を受け、スター選手の菅原直人(魔娑斗)との宿命的対決に挑む。

肉体的に虚弱だった少年が、相手を殺すまで戦い続ける軍鶏のように変貌するさまを熱演したショーンは、本作への思い入れは相当強かったと話す。「初めて原作を読んだ時は思わず身震いしたよ。これほど狡猾なキャラクターが描かれている作品を読んだことなかったし、社会のダークな面を見事に表現しているところに惹かれたんだ」

また、成嶋亮というキャラクターを体現するためならどんな危険もいとわなかったという。「菅原と戦うためにさらに激しいトレーニングを積むシーンで、40階建のマンションの縁(へり)で懸垂をしているんだけど、あのアイデアは自分から提案したものだ。普通のトレーニングでは亮の決心と闘志を表現できないと思って、ああいう常軌を逸したトレーニングを取り入れたんだ」と、一歩間違えば命を落としかねなかった撮影の裏話を明かしたショーンは加えて、菅原役の魔娑斗とのファイトシーンで、魔娑斗のパンチをもろに受けて気絶したエピソードなど、壮絶な撮影の日々を振り返った。

「頭文字D」「軍鶏」と日本の漫画を原作とした映画に2本出演しているショーンは、「この2作品は元々好きな漫画だったんだ。あとは『スラムダンク』。もし演じるなら? 三井寿かな(笑)」と語ると、最後に「原作を読んでから映画を見てほしい。もう映画を見た人も、とても面白い漫画だからぜひ読んでみて」と付け加え、大のお気に入りだという原作を再プッシュした。「軍鶏 Shamo」は新宿トーア、シアター・イメージフォーラムほかにて公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi