「CSI」降板のゲイリー・ドゥーダン、薬物不法所持の容疑で逮捕 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月1日 > 「CSI」降板のゲイリー・ドゥーダン、薬物不法所持の容疑で逮捕
メニュー

「CSI」降板のゲイリー・ドゥーダン、薬物不法所持の容疑で逮捕

2008年5月1日 12:00

[映画.com ニュース] 「CSI:科学捜査班」のウォリック・ブラウン役で知られる俳優ゲイリー・ドゥーダンが、米カリフォルニア州パームスプリングスで、ヘロイン、コカイン、エクスタシーなどの薬物不法所持の容疑で逮捕された。

警察の発表によると、4月28日早朝、ドゥーダンは違法駐車した車の中で眠っているところを発見され、警察官が車内を調べたところ上述のものと思わしき薬物と処方薬が見つかり逮捕されたとのこと。発見当時、ドゥーダンは意識が混濁しており、5時間拘留された後、5000ドル(約52万円)の保釈金を支払って釈放された。

ドゥーダンは現在、全米放送中の「CSI:科学捜査班」シーズン8に出演しているが、米TVガイド誌によると先月、契約が切れる5月で同シリーズから離脱することで番組プロデューサーと合意したという。このため、シーズン最終話(5月15日全米放送予定)は、ウォリック・ブラウンが去るエピソードとなる模様だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi