「リトル・ダンサー」ブロードウェイ版をエルトン・ジョンが後援 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月28日 > 「リトル・ダンサー」ブロードウェイ版をエルトン・ジョンが後援
メニュー

「リトル・ダンサー」ブロードウェイ版をエルトン・ジョンが後援

2008年4月28日 12:00

[映画.com ニュース] スティーブン・ダルドリー監督の「リトル・ダンサー」(00)のミュージカル版が、今年9月からニューヨークのブロードウェイで公演され、同舞台をシンガーソングライターのサー・エルトン・ジョンが後援することになった。音楽情報サイトcontactmusic.comが報じたもので、ジョンは脚本家リー・ホールによるストーリーに合わせて新たに音楽を書き下ろすという。

リトル・ダンサー」は、英国の炭鉱町を舞台に、炭鉱労働者の父を持つビリー・エリオット少年(ジェイミー・ベル)が、頑固な父の反対を受けながらもバレエダンサーになることを夢見て努力し、その夢をつかむまでを描く感動作。世界的なバレエダンサーのアダム・クーパーがゲスト出演したことでも話題を呼び、世界中で大ヒットを記録。すでにロンドン・ウエストエンドでミュージカル版が昨年公演され、大成功を収めている。

今回ジョンがブロードウェイ版をバックアップすることになった理由は、「ビリー少年の人生が自分の人生とそっくりだから」とのこと。英ミドルセックス州で生まれたジョンは、4歳の時にピアノを弾き始め、11歳の時には王立音楽院に合格し、プロの音楽家を目指した。もっとも、ジョンの父は最後まで彼が音楽家になることに理解を示さなかったそうだ。「リトル・ダンサー」では、ビリーの父親は最終的に理解を示し、プロになったビリーの公演を観劇に行くが、ジョンの父親は今なお、彼の公演に姿を現さないのだという。ニューヨーク・デイリー・ニュース紙へのインタビューでジョンは、「私は父を喜ばそうと常に努力してきたが、父は頑なに否定し続けた。父は私に銀行員や会計士のような堅実な職業について欲しかったんだ。でも、私の天職は音楽だった」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi