米映画俳優組合、ストライキ回避までもう少し! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月28日 > 米映画俳優組合、ストライキ回避までもう少し!
メニュー

米映画俳優組合、ストライキ回避までもう少し!

2008年4月28日 12:00

[映画.com ニュース] 映画やTVのスタジオと再契約を結ぶために交渉を進めている米映画俳優組合(SAG)が、契約までもう少し時間が必要なことが分かった。LAウィークリー紙のコラムニスト、キッキ・ファンケがブログに記したもので、SAGがスタジオ側の代表者である映画テレビジョン製作者連合(AMPTP)と再契約を結ぶまで、あと2~3週間必要らしい。

SAGは6月30日をデッドラインとし、それまでに再契約が結ばれないと、7月からストライキに突入すると主張している。米脚本家組合(WGA)の時と同じで、インターネットなどニューメディアにおける再使用料の問題が再契約のカギとなる争点になっている。

同ブログによると、AMPTPは、映画俳優を代表するSAGとの契約交渉を穏便に進めるため、TV俳優を代表する米TV&ラジオ俳優連盟(AFTRA)に接近し、交渉のくさびにしたい意向だ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi