福田沙紀、「ヤッターマン」と同時進行で初主演作「櫻の園」撮影中 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月23日 > 福田沙紀、「ヤッターマン」と同時進行で初主演作「櫻の園」撮影中
メニュー

福田沙紀、「ヤッターマン」と同時進行で初主演作「櫻の園」撮影中

2008年4月23日 12:00

フレッシュな顔ぶれで、名作再び「ヤッターマン」

フレッシュな顔ぶれで、名作再び
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来春公開の話題作「ヤッターマン/YATTERMAN」でアイちゃんことヤッターマン2号に扮する若手女優・福田沙紀の初主演映画「櫻の園 さくらのその」が、4月17日にクランクイン。ロケ地の山形県寒河江市にて、このほど製作発表会見が行われた。

櫻の園」は、人気漫画家・吉田秋生の同名コミックが原作で、チェーホフの名作戯曲「桜の園」をモチーフに、演劇部に所属する女子高生たちの葛藤や成長を描く。90年に中原俊監督によって映画化され、日本アカデミー賞優秀賞ほか数々の映画賞を受賞。今回も、その中原監督自身の手で再び映画化される。

本作が初主演で、お嬢様学校に通う女子高生・結城桃(ゆうき・もも)役を演じる福田は、「“お嬢様”という言葉は自分に合わないし、お嬢様学校がどういうところか今はイメージが湧きませんが、私の演じる桃は、元々そういうところに馴染めない子なので、それがいいかもしれません」とコメント。「今までは表に気持ちを出せない役や気の強い役が多かったので、目も強い芝居になっていましたが、今回は地を抑えて、和らげる方向を心がけています」と役作りについて語った。また、「ヤッターマン」の撮影とは「同時進行です」ということだが、「場所もスタッフも違うので切り替えられますし、違いを楽しむことも出来て刺激的な毎日です」と答えた。

18年の時を経てセルフリメイクに挑む中原監督は、前作との違いを「前作は、演劇部の一日一瞬をとらえた映画だったが、今回は長い伝統の中の女子高の演劇部をとらえる。演劇部が新たに生まれ変わるというもので、少女たちが伝統に対抗するというよりも、新しく作り上げていくもの。前作は吉田秋生さんの漫画のテイストだったが、今回はチェーホフ寄りかもしれない」と説明。一方で「高校生の彼女たちが脱皮して、何かをつかんでいくということは、いつの時代も変らないと思う」とも述べた。

福田のほか、「魍魎の匣」「受験のシンデレラ」の寺島咲渡辺謙の娘で人気モデルの、AKB48の大島優子ら次世代を担う若手が集う。今秋全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi