ユマ・サーマンが「LOTR」エオウィン役のオファーを受けていた! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月21日 > ユマ・サーマンが「LOTR」エオウィン役のオファーを受けていた!
メニュー

ユマ・サーマンが「LOTR」エオウィン役のオファーを受けていた!

2008年4月21日 12:00

「私は男でない!」の セリフが似合いそう「キル・ビル」

「私は男でない!」の
セリフが似合いそう
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「キル・ビル」(クエンティン・タランティーノ監督)の女暗殺者ブライド役で強烈な印象を残しているユマ・サーマンが、実は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ(ピーター・ジャクソン監督)でエオウィン役のオファーを製作側から受けていたという。サーマン自身がこのほど米MTVへのインタビューで語った。

エオウィンは、同3部作の「二つの塔」「王の帰還」に登場した人間の国ローハンの姫君で、勇敢な女剣士。冥王サウロンの配下ナズグルの1人を倒し、「私は男ではない」と鎧を脱ぎながら啖呵を切るシーンが有名で、同シリーズでは決して大役ではないが重要なパートだ。実際には、のちの05年に「宇宙戦争」(スティーブン・スピルバーグ監督)に抜擢されるオーストラリア人女優ミランダ・オットーが演じているが、このエオウィン役を当初はサーマンが演じる予定だったという。

サーマンは「ええ、オファーは来たわ」と、ジャクソン監督から直々に出演要請を受けたことを認めている。「当時私の子供がまだ小さくて、面倒を見るのに付きっきりだったの。とてもじゃないけど離れることは出来なかった。だから泣く泣く断ったのよ」と断った理由を打ち明けた。これまでも、ガンダルフ役にショーン・コネリー、アラゴルン役にニコラス・ケイジなど、実現できなかったキャスティング話はかなりの数出回っているが、今回のサーマンはエオウィン役を逃したことを相当悔やんでいる様子だ。「本当にやりたかったし、やるべきだった」と告白するサーマンは、トールキンの原作「指輪物語」の大ファンだとも語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi