ケイシー・アフレック、リドリー・スコット監督のギャング映画に主演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月18日 > ケイシー・アフレック、リドリー・スコット監督のギャング映画に主演!
メニュー

ケイシー・アフレック、リドリー・スコット監督のギャング映画に主演!

2008年4月18日 12:00

「オーシャンズ」の坊やも 今では立派な主演俳優!「ジェシー・ジェームズの暗殺」

「オーシャンズ」の坊やも
今では立派な主演俳優!
(C)2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピット主演作「ジェシー・ジェームズの暗殺」や兄ベン・アフレック監督作「Gone Baby Gone」の演技で、昨年度の映画賞を賑わせたケイシー・アフレックが、リドリー・スコット監督がメガホンを取るワーナー・ブラザースのギャング映画「The Kind One」に主演することが決定した。

同作は、ビリー・ボブ・ソーントンの旧友で、「運命の引き金」「ギフト」を共同執筆している脚本家トム・エッパーソンが今年上梓した同名犯罪小説を原作にした物語で、1930年代のロサンゼルスを舞台に、その残忍さから皮肉を込めて“The Kind One(親切な男)”と呼ばれるギャングのボスのもとで働く殺し屋“Two-Gun Danny(2丁拳銃のダニー)”こと、ダニー・ランドン(アフレック)の半生を描く。原作者エッパーソン自らが脚色する。2010年、全米公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi