念願の映画版がついに完成!「スシ王子!」誕生秘話を堤監督に聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月15日 > 念願の映画版がついに完成!「スシ王子!」誕生秘話を堤監督に聞く
メニュー

念願の映画版がついに完成!「スシ王子!」誕生秘話を堤監督に聞く

2008年4月15日 12:00

実は、NY編の企画が先にあった!「銀幕版 スシ王子! ニューヨークへ行く」

実は、NY編の企画が先にあった!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「お前なんか握ってやる!」の決め台詞でおなじみ、TVドラマ「スシ王子!」の劇場版で、堂本光一の映画初主演作「銀幕版 スシ王子!/ニューヨークへ行く」が、4月19日から公開。若き天才寿司職人の米寿司(まいず・つかさ=堂本光一)が、マンハッタンに店を構えるシャリの達人に弟子入りし、店を乗っ取ろうとする闇組織との戦いに巻き込まれていく……。

TVドラマ版から引き続きメガホンを取った堤幸彦監督に話を聞くと、そもそも「スシ王子!」の企画は銀幕版が先にあった。堤監督が03年の「恋愛寫眞」のニューヨークロケ中に思いついたアイデアが原点で、件の決め台詞も、その時すでに決まっていたそうだ。「江戸前の職人が、いい加減な寿司屋が多いニューヨークを、ある店を救うことがきっかけで正していく、というところまで決まっていました」

そんなわけで、TVドラマで人気の出た作品が映画になるという、昨今よくあるパターンとはちょっと違う。「最初からニューヨークでこうなるという行き先が見えていたので、(TV版は)作りやすかったというのはありますね。ただ、TV版は見られなかった人もいるので、その延長線上で引っ張るのではなく、それを断ち切る意味としてのニューヨークでもあります」

また、堤監督自身も89~90年にニューヨークに滞在していたことがあり、「あの頃から寿司屋はいっぱいありましたし、文化的にはもっと面白くて刺激的でした。そこが自分の原点にあり、古き良きポップカルチャー全盛期のニューヨークに対する思い入れもありますね」と語る。

そんな当時から、ニューヨークの寿司事情に変化は? 「ちゃんとした高級店もありますが、圧倒的にフェイク寿司屋が広がってます。今回の映画のために何軒か歩きましたが、まともな店かどうかは、店構えを見るだけでほぼ分かるようになりました(笑)」

映画の寿司に対するアツい情熱は、監督自身が現地で感じた空気や、積み重ねてきた経験から生まれているようだ。一見すると破天荒なコメディドラマだが、ひょっとすると米国の寿司文化に一石を投じる一作になる……か?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi