人気女子アナ、葉山エレーヌが「ファクトリー・ガール」でモデル体験! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月10日 > 人気女子アナ、葉山エレーヌが「ファクトリー・ガール」でモデル体験!
メニュー

人気女子アナ、葉山エレーヌが「ファクトリー・ガール」でモデル体験!

2008年4月10日 12:00

おしゃれ好きな女の子は必見「ファクトリー・ガール」

おしゃれ好きな女の子は必見
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本テレビの女子アナウンサー、葉山エレーヌが4月9日、東京・新橋のヤクルトホールで行われた映画「ファクトリー・ガール」(4月19日公開)の試写会にモデルとして登場した。

1960年代、ポップアートの旗手アンディ・ウォーホルのミューズとして活躍した女性イーディ・セジウィックの人生を描いた「ファクトリー・ガール」では、60年代のファッションも見どころで、この日の試写会では、人気セレクトショップのDEUXIEME CLASSE(ドゥーズィエム・クラス)が復刻させた劇中衣装をまとったモデルたちがファッションショーを開いた。

舞台上に次々とモデルたちが登場した後、ファッションの本場パリ出身の葉山が、全身にスパンコールをあしらったワンピースを着て登場。キャットウォークを歩いてショーのトリを飾った。「チビであまりスタイルもよくないんですけれども……」と照れ笑いを浮かべた葉山は、「やせていた頃に少しモデルをやっていたことはありますが、ショーのモデルではなかったので緊張しました」と、初めてのファッションショー体験の感想を述べ、映画を見て「(イーディ役の主演)シエナ・ミラーが大好きだし、衣装も良くて、色の組み合わせ方や、流行を取り入れつつも、自分のやりたいことを自信をもってやることがおしゃれなんだと学んだ」とコメント。劇中のイーディが見せているように「大きなピアスは早速真似してます」

また、葉山は「日テレ開局55周年で結成した“go!go!ガールズ”(葉山、鈴江奈々夏目三久の3人)も60年代のコスチュームを意識しているので、(60年代ファッションが)流行ればいいな」と、さりげなく自社のアピールもしつつ、「イーディという女性の生き方について、自分と重ねてみたりして、ゆっくり考えてもらえれば」と映画をPRしてイベントを締めくくった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi