マドンナ執筆のドキュメント映画がカンヌへ。元夫ショーン・ペンと再会? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月10日 > マドンナ執筆のドキュメント映画がカンヌへ。元夫ショーン・ペンと再会?
メニュー

マドンナ執筆のドキュメント映画がカンヌへ。元夫ショーン・ペンと再会?

2008年4月10日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] ショーン・ペンが審査委員長を務める今年のカンヌ国際映画祭(5月14~25日)で、元妻のマドンナがチャリティイベントに出席することが分かった。

これは、amfAR(エイズ研究財団)が行うエイズ救済チャリティで、シャロン・ストーンも参加する他、SEALによるライブパフォーマンスや、チャリティディナーなども予定されている。また、マドンナが脚本を務めた新作映画「I Am Because We Are」も一部上映されるようだ。本作は、100万人以上といわれるアフリカ南東部の国マラウイのエイズ孤児たちについてのドキュメンタリー。マドンナは06年、マラウイで母親がエイズで死亡した1歳の男の子を養子縁組している。

ちなみに、このチャリティイベントに先駆け、映画の全編が5月21日にカンヌでお披露目される予定で、マドンナが元夫ショーン・ペンと再会するか注目される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi