竹野内豊、7年ぶりの主演作で「父性が芽生えた」。「あの空をおぼえてる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月8日 > 竹野内豊、7年ぶりの主演作で「父性が芽生えた」。「あの空をおぼえてる」
メニュー

竹野内豊、7年ぶりの主演作で「父性が芽生えた」。「あの空をおぼえてる」

2008年4月8日 12:00

本当の父親、母親になる時の役に立った?「あの空をおぼえてる」

本当の父親、母親になる時の役に立った?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 竹野内豊が「冷静と情熱のあいだ」(01)以来7年ぶりに主演を務める「あの空をおぼえてる」のプレミア試写会が、4月7日、東京国際フォーラム(東京・有楽町)にて行われ、竹野内と共演の水野美紀、子役の広田亮平吉田里琴、監督の冨樫森が舞台挨拶を行った。

あの空をおぼえてる」は、アメリカの同名児童文学(ジャネット・リー・ケアリー著/ポプラ社刊)を、舞台を日本に置き換え映画化したもので、交通事故で幼い娘を失った家族の絆と再生を描く。

ともに独身の竹野内と水野が一家の父親、母親を演じているが、「撮影現場に来ていた(子役の)2人のお母さんなど、周囲にいる母親を観察した」と役作りについて話した水野は、子役2人を見つめ、「持って帰りたいくらいかわいくて(笑)。本当の母親のような気持ちです」と幸せそうに頬を緩ませ、すっかり母親になりきれた様子。

一方の竹野内も、「自分の中のイメージで何となく分かるものがあっても、本当に自分が父親を演じることが出来るか不安だった」と撮影前の心境を告白したが、「(子役の)2人の頼りない背中を見ていると無償に守りたくなった。父性の愛が芽生えてきました」と、2人の子役の存在に父性をかきたてられ、不安だった父親役を演じきったようだ。

あの空をおぼえてる」は4月26日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi