コッポラ監督の移民ファミリードラマ「テトロ」が撮影開始! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月1日 > コッポラ監督の移民ファミリードラマ「テトロ」が撮影開始!
メニュー

コッポラ監督の移民ファミリードラマ「テトロ」が撮影開始!

2008年4月1日 12:00

[映画.com ニュース] イタリアからの移民兄弟の苦悩を描くフランシス・フォード・コッポラ監督のファミリードラマ「テトロ(Tetro)」が、3月31日より撮影スタート。そのクランクインに先がけ、コッポラ率いるアメリカン・ゾエトロープは、スペイン(Tornasol Films)とイタリア(BIM Distribuzione)両国の製作会社が新たに共同製作に加わったと発表した。

同作は、アメリカに住むイタリア移民の青年テトロ(ビンセント・ギャロ)が、何年も前に家族を捨てた弟(アルデン・エーレンライク)を探すためアルゼンチンのブエノスアイレスへ旅立つという物語。テトロの恋人を「パンズ・ラビリンス」のマリベル・ベルドゥ、地元の文学評論家を「ノーカントリー」のオスカー俳優ハビエル・バルデムが演じる。

同作はコッポラ監督の自伝的要素が強い物語で、コッポラ監督自身が脚本も執筆している。この脚本は昨年9月にブエノスアイレスにあるコッポラ監督のオフィス兼自宅に空き巣が入って盗まれたが、その後バックアップのコピーが見つかり製作が進められた。

コッポラ監督はわずか製作費1500万ドル(約15億円)の同作について、「この作品は自伝というより個人的な物語だ。小規模なインディペンデント映画のようなものだよ」と語っている。ちなみに、かつての盟友ジョージ・ルーカスはそうしたコッポラの製作姿勢に追従する構えで、最近になってメジャー大作の監督から手を引くことを示唆している。

撮影は31日からブエノスアイレス近郊で始まり、アルゼンチンでの撮影後、パタゴニアを経て5月半ばにはスペインに移るという。公開は09年の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi