柴咲コウ、岡村隆史らがカンフー秘話を披露。「少林少女」ジャパンプレミア : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月28日 > 柴咲コウ、岡村隆史らがカンフー秘話を披露。「少林少女」ジャパンプレミア
メニュー

柴咲コウ、岡村隆史らがカンフー秘話を披露。「少林少女」ジャパンプレミア

2008年3月28日 12:00

本場仕込の柴咲のカンフーは必見「少林少女」

本場仕込の柴咲のカンフーは必見
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アジア映画界を代表する2大プロデューサー、「踊る大捜査線」の亀山千広と「少林サッカー」のチャウ・シンチーが手を組み製作された「少林少女」。その完成を記念し、3月27日、東京・六本木の六本木ヒルズアリーナにてジャパンプレミアが開催された。会場には、黄色の巨大ハマーが乗り付け、主演の柴咲コウ仲村トオル江口洋介岡村隆史ティン・カイマンラム・ジーチョンキティ・チャン本広克行監督、亀山千広チャウ・シンチーらがさっそうと現れ、黄色い歓声の中、レッドカーペットならぬイエローカーペットを歩き、会見に臨んだ。

本作は、柴咲が約1年におよぶ本格的なアクションの訓練を積み、撮影に挑んだカンフーアクション・エンターテインメント。主人公の凛(柴咲)は、中国で身につけた少林拳を日本に広めようとするが、かつて通っていた道場は廃墟と化し、途方に暮れているところへ、劉珉珉(キティ・チャン)が少林拳を習うことを条件に、凛をラクロスに誘う……というストーリー。

柴咲は、ほとんどノースタントで撮影したアクションシーンについて、「最初は苦痛でした。みなさんに助けてもらって、やり遂げることができたと思っています。今でも両腕の腱鞘炎は残ったままなんです」とその苦労を語った。また、出演者一同が、撮影に臨む際の柴咲の集中力を絶賛。岡村は、「僕が、カイマン、ジーチョンとふざけていたら、“いい加減にしてください”と怒られたぐらいですから」と撮影現場での裏話を聞かせ、会場を沸かせた。

その後の完成披露試写会の舞台挨拶では、集まった多くの観客を前に、「今までにないアクション・ヒロインムービーです」(亀山)、「日本映画だが、中国武術の精神も垣間見ることができる作品」(シンチー)、「アクションはもちろんですが、心のやりとりの部分も見てほしい」(柴咲)、「愛と正義と勇気の映画です!」(本広)、「ぜひスピンオフで、“少林小さいおっさん”を!」(岡村)とそれぞれの熱い想いを語った。

少林少女」は4月26日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi