ジャスティン・ティンバーレイクがマドンナを祝福!ロックの殿堂セレモニー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月13日 > ジャスティン・ティンバーレイクがマドンナを祝福!ロックの殿堂セレモニー
メニュー

ジャスティン・ティンバーレイクがマドンナを祝福!ロックの殿堂セレモニー

2008年3月13日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] 3月9日、ニューヨークのマンハッタンにあるウォルドルフ・アストリア・ホテルにて「ロックの殿堂」セレモニーが開催された。

今回、殿堂入りを果たしたマドンナのプレゼンターとして登場したのは、4月に発売されるマドンナの新作にも参加しているジャスティン・ティンバーレイク。同じく、マドンナの祝福にかけつけ、「バーニング・アップ」「レイ・オブ・ライト」を演奏したのは、イギー・ポップ&ザ・ストーゥジズだった。マドンナとイギー・ポップ&ザ・ストーゥジズは、共にミシガン州の出身。マドンナはポップを、敬意とユーモアを込めて「Another ass-kicker from Michigan」と紹介して会場から喝采を浴びた。

デイブ・クラーク・ファイブ(以下DCF)の殿堂入りに対し、祝福のスピーチを行ったのは俳優トム・ハンクス。ジョン・メレンキャンプへスピーチを行ったのはビリー・ジョエルレナード・コーエンを祝ったルー・リードは、「私たちはコーエンと同じ時代に生きることができて本当にラッキーだ」とコメントした。

セレモニーの最後は、メレンキャンプ、ジョン・フォガティ、ジョーン・ジェットらによってDCFの名曲「グラッド・オール・オーバー・アゲイン」のジャム・セッションが行われた。DCFのリーダーであるデイブ・クラークは、「今夜、彼も私たちと一緒にこの場に来ているはずです。そして自分が殿堂入りを果たしたことを喜んでいるでしょう」と、2週間前に肺炎で亡くなったDCFのシンガー、マイク・スミスへの思いを語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi