コールドプレイ、孤独や死がテーマの新作は「誰もが気に入るわけではない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月4日 > コールドプレイ、孤独や死がテーマの新作は「誰もが気に入るわけではない」
メニュー

コールドプレイ、孤独や死がテーマの新作は「誰もが気に入るわけではない」

2008年3月4日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] サマーソニック08への出演が決定しているコールドプレイだが、5月に発売が予定されている新作「Prospekt」に関して、米ローリング・ストーン誌が早くも特集を組んだ。

フロントマンのクリス・マーティンは、新アルバムについて「過去3作とは異なり、誰もが気に入るわけではない」と語り、テーマが孤独や死にあること、これまでになくサウンドはラフでエッジの効いたものになっていることも明らかにしている。

さらに、ギタリストのジョニー・バックランドは「これまでの3作品はいわば3部作で、それは完結したと思っている。だからこそ、僕たちは、何か違うことがやりたかったのさ」とバンドの心境を代表して語っている。プロデューサーは英国音楽界の重鎮、ブライアン・イーノ。今のところ、「Violet Hill」「42」「Yes」「Death and All His Friends」「Cemetaries of London」「Life in Technicolor」「Chinese Sleep Chant」「Strawberry Swing」「Reign of Love」の9曲の収録が決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi