パトリック・デンプシー、恋の魔法は必ずあると力説。「魔法にかけられて」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月4日 > パトリック・デンプシー、恋の魔法は必ずあると力説。「魔法にかけられて」
メニュー

パトリック・デンプシー、恋の魔法は必ずあると力説。「魔法にかけられて」

2008年3月4日 12:00

次は主題歌でオスカー狙う?「魔法にかけられて」

次は主題歌でオスカー狙う?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シンデレラや白雪姫など、数々のプリンセスを生み出してきたディズニーが、伝説のアニメに実写を合成して、新たなプリンセス“ジゼル”を誕生させた「魔法にかけられて」。3月3日、18年ぶりの来日となるパトリック・デンプシーが、ケビン・リマ監督、音楽を手がけたアラン・メンケンと共に来日し、記者会見に登壇した。

本作は、おとぎの国で王子と結婚式を挙げる予定だったジゼル(エイミー・アダムス)が、邪悪な女王ナリッサ(スーザン・サランドン)に騙されてニューヨークに迷い込み、バツイチで子持ちの離婚弁護士ロバート(デンプシー)と出会うというファンタジー。

超現実主義者のロバートを演じたデンプシーは、「夢見るジゼルと現実主義のロバートは、お互いの欠点を補った理想のカップル。恋の魔法は必ずある。でも、この映画では努力も必要なんだと教えてくれる」と熱弁をふるい、自分だけ歌のパートがなかったことに触れ、ディズニー作品で8度のアカデミー賞受賞を誇る名作曲家のメンケンに「続編が出来たら僕も歌いたい」と懇願して笑いを誘った。

一方、アニメで描かれたおとぎの国から一転、実写のニューヨークへと舞台が展開する本作を手がけたリマ監督は、アニメーション作品「ターザン」と実写映画「102」を監督した経歴を持ち、本作ではシマリスのピップの声も担当したという多才な人物。完成までに3年を費やしたことについて、「ロマンチックなラブストーリーあり、アニメーションあり、コメディあり、ミュージカルありで、3本から5本の映画を同時に撮っているような感じだった」と、その苦労を振り返りながら、「しかし、監督としては映画作りのプロセスそのものが魔法のようなものだよ」と、笑顔を見せた。

魔法にかけられて」は3月14日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi