「JUNO」のエレン・ペイジ、サム・ライミ監督の新作ホラーを降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月3日 > 「JUNO」のエレン・ペイジ、サム・ライミ監督の新作ホラーを降板
メニュー

「JUNO」のエレン・ペイジ、サム・ライミ監督の新作ホラーを降板

2008年3月3日 12:00

名(ライミ監督)より実(脚本)を 選ぶとはナカナカ「JUNO ジュノ」

名(ライミ監督)より実(脚本)を
選ぶとはナカナカ
(C) 2007 Twentieth Century Fox.
All rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「JUNO/ジュノ」(6月公開)の演技で今年のアカデミー主演女優賞候補となり、スター街道まっしぐらのエレン・ペイジが、出演が決まっていたサム・ライミ監督の新作ホラー映画「Drag Me to Hell」を降板するという。米ホラー映画サイトBloody Disgustingが伝えた。

理由は「出来上がった脚本が好きではなかったから」とのことで、製作サイドは現在、代役を急いで探しているところだという。

「Drag Me to Hell」は、呪いをかけられ、数々の超常現象に巻き込まれる女性を描いたもので、「死霊のはらわた」(83)でデビューし、最近では「スパイダーマン」シリーズを手がけていたライミ監督が、久しぶりにホラー映画製作にカムバックする作品。弟のアイバン・ライミと共同で脚本を執筆していた。

撮影は3月17日にロサンゼルスのスタジオで開始される予定だったが、今回のペイジの降板がスケジュールにどれほどの影響を与えるかは定かではない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi