「ジャンパー」プレミア開催。ヘイデン、東京での撮影を振り返る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月27日 > 「ジャンパー」プレミア開催。ヘイデン、東京での撮影を振り返る
メニュー

「ジャンパー」プレミア開催。ヘイデン、東京での撮影を振り返る

2008年2月27日 12:00

渋谷、銀座、新橋、お台場とジャンプしまくり!「ジャンパー」

渋谷、銀座、新橋、お台場とジャンプしまくり!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2月26日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで3月7日公開のSFアクション大作「ジャンパー」のジャパンプレミアが行われ、主演のヘイデン・クリステンセン、ヒロインを演じたレイチェル・ビルソン、監督のダグ・リーマンが舞台挨拶を行った。

本作はスティーブン・グールドのSF小説の映画化。15歳のときに自分がテレポート能力を持つ“ジャンパー”だと知ったデビッド(クリステンセン)は、世界中を行き来できる自由を謳歌していたが、やがてジャンパー抹殺を使命とする組織“パラディン”に追われていることに気づく。劇中でデビッドと行動を共にするもう1人のジャンパー、グリフィンを演じるのは、今回急病で来日を果たせなかったジェイミー・ベル。また2人を付け狙うパラディン、ローランドにはサミュエル・L・ジャクソンが扮している。

壇上に上がったクリステンセンは開口一番「コンバンハ。ミナサンアリガトウ」と流暢な日本語で挨拶。続くレイチェルも負けじと「コンバンハ」と挨拶したが、最後のリーマン監督は「カンバンワトーキョー。アリアガトー」と怪しげな発音で、会場からはクスクスと笑い声が漏れていた。

映画ではニューヨーク、パリ、ローマなど様々な場所にジャンプする主人公たちが描かれているが、彼らはここ日本にもジャンプしており、実際に東京でロケも行われた。クリステンセンは「日本の撮影はすごく印象に残ってるよ。すべて夜の撮影だったから、今まで見たことのない静かな東京を見ることができたんだ」と撮影エピソードを披露。リーマン監督は「東京の街を走るベンツをジャンプさせるのは本当に大変だったよ」と撮影時の苦労を明かした。また、映画のラストが続編を匂わせる展開であることから、監督に「次回作の可能性は?」と質問が飛ぶと、「たくさんのお客さんが見に来てくれれば可能だと思う。だからみんな見に来て!」とアピールした。

イベントの最後には“ジャンパー”という映画のタイトルになぞらえて、トランポリンの中田大輔選手やフィギュアスケートの村主章枝選手、スノーボードの國母和宏選手ら“ジャンプ”にまつわる競技で活躍するアスリートが応援に駆けつけてフォトセッションが行われた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi