アカデミー主演男優賞は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のデイ=ルイス : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月26日 > アカデミー主演男優賞は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のデイ=ルイス
メニュー

アカデミー主演男優賞は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のデイ=ルイス

2008年2月26日 12:00

ジョージ・クルーニーの頬に キスして壇上へ「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

ジョージ・クルーニーの頬に
キスして壇上へ
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第80回アカデミー賞各部門が2月25日(日本時間)発表され、ポール・トーマス・アンダーソン監督作「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(4月28日公開)に主演したイギリス人俳優、ダニエル・デイ=ルイスが、89年の「マイ・レフトフット」に続き、2度目の主演男優賞を獲得した。

同作は、作家アプトン・シンクレアの小説「石油!」を原作に、20世紀初頭のカリフォルニア州を舞台にして、石油採掘者として成功をつかみながら、どん欲ゆえに身を滅ぼしていく男の骨太な人生を描く一大叙事詩だ。野心と欲の権化のような男を演じたデイ=ルイスは、米映画俳優組合賞(SAG)など今年の各映画賞をほぼ総なめにしていた。前回オスカーを受賞した「マイ・レフトフット」以後も、「父の祈りを」と「ギャング・オブ・ニューヨーク」でオスカー候補になっている。

デイ=ルイスは、壇上でプレゼンターのヘレン・ミレンの前にひざまずいてオスカー像を受け取って一言。「これでナイト爵位にかなり近づいたようです」と、昨年エリザベス女王役を演じてオスカーを受賞したミレンを横目に挨拶した。

また、P・T・アンダーソン監督の才気なしに、この受賞はありえなかったと改めて感謝。「ありがとう、ポール」と万感の思いを込めて語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi