歴代アカデミー賞授賞式。もっとも記憶に残った瞬間は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月22日 > 歴代アカデミー賞授賞式。もっとも記憶に残った瞬間は?
メニュー

歴代アカデミー賞授賞式。もっとも記憶に残った瞬間は?

2008年2月22日 12:00

「無冠の帝王」の戴冠は 記憶に新しい「ディパーテッド」

「無冠の帝王」の戴冠は
記憶に新しい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英映画雑誌エンパイアが、今年で80年の歴史を数えるアカデミー賞授賞式の記憶に残った瞬間トップ80を発表した。トップ10は以下の通り。

▽第1位 5度も監督賞候補になりながらも無冠だったマーティン・スコセッシ監督が07年、「ディパーテッド」でとうとう受賞。フランシス・フォード・コッポラスティーブン・スピルバーグジョージ・ルーカスの3人がプレゼンターとして駆けつけ、祝福した。

▽第2位 「ギャング・オブ・ニューヨーク」のダニエル・デイ=ルイスが主演男優賞の大本命だった03年、「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディがサプライズ受賞。プレゼンターのハル・ベリーからオスカーを受け取ったブロディは彼女をきつく抱擁し、熱いキスをした。

▽第3位 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の前2作ではオスカーを持ち帰れなかったピーター・ジャクソン監督が、 04年第3作「王の帰還」で作品賞、監督賞などオスカーを総なめにした。

▽第4位 俳優デビッド・ニーブンがホストを務めていた74年の授賞式で、彼の前を全裸の男性が横切った。

▽第5位 90年の授賞式でホストになった俳優ビリー・クリスタルは、オープニングで作品賞候補作5作品をもじったミュージカルを寸演。クリスタルがホストを務める時の名物コーナーになった

▽第6位 92年にベテラン俳優のジャック・パランスが「シティ・スリッカーズ」で助演男優賞を受賞。ステージに片手をつき、片手で腕立て伏せを披露した。その時、パランスは73歳。

▽第7位 チャールズ・チャップリンが72年、名誉賞を受賞するため約20年ぶりにアメリカに凱旋。彼に贈られたスタンディングオベーションはオスカー史上最長の約5分間にわたった。

▽第8位 07年の授賞式で、ウィル・フェレルジャック・ブラックジョン・C・ライリーのコメディアン3人が抱腹絶倒のミュージカルを披露した。

▽第9位 98年の授賞式では「タイタニック」が、「ベン・ハー」と並ぶ最多11部門を制覇。監督賞を受賞したジェームズ・キャメロン監督は劇中のレオナルド・ディカプリオのセリフから「I'm king of the world!」と叫んだ。

▽第10位 85年、「プレイス・イン・ザ・ハート」でサリー・フィールドが主演女優賞を受賞。オスカーを手に持ち、「あなたが私を好きだって事実は否めない。あなたは私を好きなんだわ」とスピーチした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi