リンジー・ローハンがヌードに!伝説のマリリン・モンロー写真を再現 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月20日 > リンジー・ローハンがヌードに!伝説のマリリン・モンロー写真を再現
メニュー

リンジー・ローハンがヌードに!伝説のマリリン・モンロー写真を再現

2008年2月20日 12:00

そりゃ、ヌードだってやるわよ

そりゃ、ヌードだってやるわよ
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リンジー・ローハンマリリン・モンローの最後のグラビア写真「The Last Sitting」を再現したヌード写真が、米ニューヨーク誌最新号に掲載された。

「The Last Sitting」は、1962年に当時36歳のモンローを写真家バート・スターンがビバリーヒルズホテルで撮影した有名なグラビア写真。けだるい視線とセクシーな姿態が映し出されたその写真は大きな反響を呼んだが、モンローはこの撮影の6週間後に亡くなっている。

今回は、21歳のローハンが同じポーズをとり、ブロンドのモンロー風ヘアとグラマラスな裸体を披露。その姿を、再びスターンが撮影した。同誌のインタビューでヌードになった感想を聞かれたローハンは、「撮影は心地よかったわ。そんなに深く悩む必要なかったし。カメラマンがバート・スターンマリリン・モンローのポーズで撮影なんて、めったにないチャンスよ。すごく光栄だわ」と語るなど、裸になることも特に抵抗はなかった様子だ。

また、ローハンはモンローと同じく薬の誤飲で先月亡くなった俳優ヒース・レジャーについて、「彼ら(モンローとレジャー)の死はこの業界が及ぼす典型的な例よ」とコメント。昨年、ドラッグや飲酒運転で世間を騒がせたローハンだが、「私には絶対起こり得ないわ」と断言した。

そんなローハンは“最悪”映画・俳優を選出する“ラジー賞”こと第28回ゴールデン・ラズベリー賞に、主演作「I Know Who Killed Me(原題)」で最低主演女優賞含む最多9部門にノミネートされている。落ち目なキャリアを回復するためには、ヌードごときで躊躇してはいられない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi