東芝が次世代DVDでHD DVDからの撤退を検討!ブルーレイが大勝利 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月18日 > 東芝が次世代DVDでHD DVDからの撤退を検討!ブルーレイが大勝利
メニュー

東芝が次世代DVDでHD DVDからの撤退を検討!ブルーレイが大勝利

2008年2月18日 12:00

[映画.com ニュース] 東芝が2月16日、次世代DVDのフォーマットとして普及に努めてきた“HD DVD”(HD)の生産・販売事業から撤退する検討に入ったことが分かった。

次世代DVDに関しては、HDと、ソニーや松下電器産業が押し進めてきた“ブルーレイ・ディスク”(BD)が主導権争いを演じてきたが、今年に入って米大手スタジオのワーナー・ブラザースがBDで一本化を決定。さらにHD陣営であるパラマウントとユニバーサルの2社も近い将来、BDへの鞍替えする可能性が高いと欧米メディアが報じていた。

また、今月15日に全米の小売り最大手ウォルマート・ストアーズがBD支持を発表。11日には家電量販店ベストバイもBDの商品を優先販売すると発表していた。

東芝はHDの全米でのシェア獲得のため、プレーヤーの価格を半額に下げ、また2月3日行われた「第42回スーパーボウル」に270万ドル(約2.9億円)のTV広告を注ぎ込んだが、ハードのシェアは25%にとどまり、米業界紙ハリウッド・レポーターによると、映画などの次世代DVDタイトルのシェアもBDの81%に対して、HDは19%と圧倒されていた。

国内でも年末商戦でBDが圧勝。調査会社BCN調べでは昨年12月段階で東芝のHDプレイヤーはわずか5.1%と落ち込んでいた。

これを受け、東芝はHDの新規開発からの撤退を示唆したものと思われる。かつてビデオではVHS方式がベータ方式に圧勝したが、今年初頭にハリウッド・レポーター紙が予測した通り、次世代DVD争いの帰趨もBDの圧勝で決した形だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi