コーエン兄弟がピュリッツァー賞作家M・シェイボンの小説を映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月14日 > コーエン兄弟がピュリッツァー賞作家M・シェイボンの小説を映画化!
メニュー

コーエン兄弟がピュリッツァー賞作家M・シェイボンの小説を映画化!

2008年2月14日 12:00

原作モノは何とまだ2作目!「ノーカントリー」

原作モノは何とまだ2作目!
(C)Shuji Kobayashi
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシーの「血と暴力の国」を映画化したアカデミー作品賞候補作「ノーカントリー」(3月15日日本公開)の監督兼脚本家であるジョエル&イーサン・コーエン兄弟、製作者のスコット・ルーディンのトリオが、再びピュリッツァー賞作家の原作に挑むことになった。

その原作は、07年にベストセラーとなったマイケル・シェイボン(「ワンダー・ボーイズ」原作者)のミステリー小説「The Yiddish Policemen's Union」(“ユダヤ人警察連合”の意)。コロンビア映画が映画化権を獲得したものだ。

物語の背景は、イスラエル建国失敗後、ホロコーストを逃れたユダヤ人難民はアラスカに居住して200万人都市“シトカ”を建設したという風刺精神あふれるフィクション。その大都市で、ミステリアスな殺人事件が起こる。飲んだくれの殺人課刑事は、ヘロイン中毒の青年が殺されたその事件をノワールタッチで追うが、その男はチェスの天才で、“救世主”になるべき存在だったことを知る。

なお、コーエン兄弟は現在、ブラッド・ピットジョージ・クルーニーフランシス・マクドーマンド共演の「Burn After Reading」(9月全米公開)をポストプロダクション中。その後撮影に入るワーキング・タイトル&フォーカス・フィーチャーズ製作の「ファーゴ」風ダークコメディ「The Serious Man」(内容、キャストは未発表)が終了次第、同作の脚本作業に入るという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi