松山ケンイチ、舞台挨拶10回も全然大丈夫!「L change the WorLd」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月12日 > 松山ケンイチ、舞台挨拶10回も全然大丈夫!「L change the WorLd」
メニュー

松山ケンイチ、舞台挨拶10回も全然大丈夫!「L change the WorLd」

2008年2月12日 12:00

Lのおかげでマツケンの名は全国区!「L change the WorLd」

Lのおかげでマツケンの名は全国区!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 前後編合わせて興収80億円を記録、アジア各国でも大ヒットした「デスノート」。同作に登場した松山ケンイチ演じる天才探偵“L”を描くスピンオフ作品「L change the WorLd」(現在公開中)が、2月9日に初日を迎え、東京・有楽町の丸の内ピカデリー1にて舞台挨拶が行われた。舞台には、主演の松山ケンイチ以下、工藤夕貴福田麻由子藤村俊二中田秀夫監督らが登場。ダフ屋まで出たフィーバーぶりの中、彼らを一目見ようと“ゴールデンチケット”争奪戦を勝ち抜き、詰め掛けた客席からは黄色い声援が湧き上がった。

今回で3作品目となる当たり役の探偵“L”について松山は、「約2年にわたり向き合ってきた役はこれまでなかったし、今後もないかもしれない。(Lを通して)たくさんの人に“松山ケンイチ”を知ってもらえただけでなく、自分が生きる上での新しい価値観、大切なものをもらった気がする」と、映画ファンに愛されたキャラクターについて感謝の念を述べた。

また、今回メガホンを執った中田監督は、前日夜に放送された前作でのLのラストシーンに触れ、「あっけない死に方ながらも、微妙な笑顔で、切なくて。でも“やるべきことはやった”という笑顔。その笑顔につなげるために(本作を)作りたかった」と、“Lに残された23日間”を描いた製作の経緯を明かした。

当日はこの舞台挨拶を皮切りに、都内と川崎市で合計10回登壇した松山。体調を気遣う司会者の声にも、「みなさんに喜んでいただけるなら、全然大丈夫!」と余裕の笑顔を見せた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi