松山ケンイチ、ジョニー・デップに触発されてファンに出血大サービス! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月8日 > 松山ケンイチ、ジョニー・デップに触発されてファンに出血大サービス!
メニュー

松山ケンイチ、ジョニー・デップに触発されてファンに出血大サービス!

2008年2月8日 12:00

目指せ!日本のジョニー・デップ「L change the WorLd」

目指せ!日本のジョニー・デップ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 06年に大ヒットを記録した「デスノート」シリーズの天才探偵“L”を主人公とするスピンオフ作品「L change the WorLd」のジャパンプレミアが、2月7日、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて行われ、主演の松山ケンイチ、共演の工藤夕貴福田麻由子南原清隆高嶋政伸、監督の中田秀夫らが登場した。

本作は、キラとの決着をつけるために究極の決断を下したLの、残された23日間を描いた物語。あらゆる事件をモニター越しに解決してきたLが、最後にして最大の事件に自ら身体を張って立ち向かう。

レッドカーペットが敷かれた会場に松山が姿を現すと、場内は一気にヒートアップ。黄色い声が飛び交う中、松山は登場から20分近く、延々とレッドカーペット沿いのファンに握手やサインを振る舞い、さらにホール内に入っても、舞台に上がるまで周囲のファンにサインや握手し、プレゼントを客席に投げるといった大サービスだった。

登壇した松山は、「この間、『スウィーニー・トッド』のジャパンプレミアに招待され、ジョニー・デップがファンにサインや握手をしているのを見て、カルチャーショックを受けた。僕たちは断ってしまうことが多いけれど、負けられないと思った」と、ファンサービスの大切さを痛感したと明かし、「こんなにサインを書いたのは初めてなので、何回か間違えちゃいました(笑)」とおどけて見せ、客席を沸かせた。さらに本作の見どころについては「Lの内面がさらにたくさん描かれています。彼が外に出ることによってどう変わったのかを見てほしい」とアピールした。

また、前2作の金子修介監督からメガホンを引き継いだ「リング」の中田監督が「Lと同じように残された時間が23日間しかなければ、この映画を毎日見ます!」と自信たっぷりに語れば、これまで数々のハリウッド映画に出演してきた工藤も、「日本映画にはありえないようなスケールの作品。こういう作品で里帰りできて嬉しい」と作品の出来に太鼓判を押した。

L change the WorLd」は、2月9日より全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi