現実のレズビアンはもっと過激!「Lの世界」ジェニファー・ビールス : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月5日 > 現実のレズビアンはもっと過激!「Lの世界」ジェニファー・ビールス
メニュー

現実のレズビアンはもっと過激!「Lの世界」ジェニファー・ビールス

2008年2月5日 12:00

女優たちの体当たり演技も必見「フラッシュダンス」

女優たちの体当たり演技も必見
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TVドラマ史上初めて“レズビアン”をテーマにし、全米で一大センセーションを巻き起こしている人気シリーズ「Lの世界」。このたび、シーズン1のDVDがリリースされるにあたり、主演のジェニファー・ビールスがPRのため来日。2月1日、東京・日比谷のザ・ペニンシュラ東京でビールスに話を聞いた。

本作は、人口の3分の1がゲイという米ウエストハリウッド地区を舞台に、レズビアンたちの愛と友情を赤裸々に描いたもので、女性同士の濃厚なラブシーンも話題となっている。ビールスは、美術館のアート・ディレクターとして働くキャリアウーマンで、私生活では7年来の恋人と、人工授精によって子供をもとうとする女性ベット・ポーターを演じている。

私生活では“ストレート”のビールスに初めて脚本を読んだときの感想を尋ねると、「レズビアンというのはあくまでストーリーの一部で、彼女たちの人生観が描かれていたのが魅力的だったわ。ベットのような、タフだけど繊細という奥行きのあるキャラクターを演じられるのも嬉しかった。映画やドラマで女性の内面が深く掘り下げられているのは、とても珍しいことなのよ」とのこと。レズビアン役にもまるで抵抗はなかったとはいえ、役作りのためのリサーチで、ドラマより現実のレズビアンたちの人生の方がもっと過激でドラマチックであることに驚いたそうだ。

83年の「フラッシュダンス」で主演デビューを飾って以降、これまで映画出演が多く、本格的なTVシリーズ出演は今回が初めて。「ドラマは毎回“サプライズ”が待ち受けているのが楽しいわね。長時間の撮影で疲れてしまうこともあるけれど、1通のファンレターに救われることもある。『ドラマを見てカミングアウトする勇気が出た』というレズビアンからのメッセージが、私を奮い立たせてくれるの」

最後に“Lesbian”“Love”“Life”とLで始まる単語がキーワードになっている本作にちなんで、ビールス自身の人生を“L”で表わすと?という質問をしたところ、「Lucky(幸運)よ」と即答。「私には仕事があって、応援してくれる家族がいる……とっても幸せなことだわ」と微笑んだ。

「Lの世界」シーズン1は現在レンタル中。また、シーズン1コレクターズBOXが3月7日、シーズン2コレクターズBOXが4月4日発売予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi