ヒース・レジャーが初監督作を準備していた!オスカー候補女優が明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月4日 > ヒース・レジャーが初監督作を準備していた!オスカー候補女優が明かす
メニュー

ヒース・レジャーが初監督作を準備していた!オスカー候補女優が明かす

2008年2月4日 12:00

ヒースの死に20歳のオスカー候補も同情「JUNO ジュノ」

ヒースの死に20歳のオスカー候補も同情
TM and (C) 2007 Twentieth Century Fox.
All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「JUNO/ジュノ」の演技で、20歳の若さながらアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたエレン・ページが、米MTVブログで故ヒース・レジャーの死を偲ぶ発言をした。というのも、ページはレジャーの監督デビュー作に出演する予定だったため。

その作品は、ウォルター・テビスのチェス小説「クイーンズ・ギャンビット(The Queen's Gambit)」を映画化するもので、題名の意味はチェス用語で「序盤の妙手」のこと。チェスの神童である孤児の少女の物語であり、実際にチェスの名人だったヒース・レジャーが監督として映画化することを熱望し、自身も脇役で出演する予定だった。ページはこの神童役での主演をオファーされていた。

ページは「ヒースの監督作に出られなくなって、とても残念に思っているの。でも、そんなの小さな悩みだと思う。ご遺族の悲しみは計り知れないわ。ヒースの死についていろいろと過剰報道が流れているけど、第一に彼のプライバシーを尊重して欲しいわ」と語っている。

また、レジャーが出演したクリストファー・ノーラン監督の「バットマン」シリーズ2作目「ダーク・ナイト」の公式サイトには、彼の死を偲ぶメモリアルページが設置された。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi