「タイタニック」以来の快挙!「JUNO」サントラが全米チャート1位に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月4日 > 「タイタニック」以来の快挙!「JUNO」サントラが全米チャート1位に
メニュー

「タイタニック」以来の快挙!「JUNO」サントラが全米チャート1位に

2008年2月4日 12:00

サントラも大躍進「JUNO ジュノ」

サントラも大躍進
(C)2007 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー作品賞以下主要4部門でノミネートされ、すでに全米ボックスオフィスで1億ドル(約107億円)を突破したジェイソン・ライトマン監督のコメディ映画「JUNO/ジュノ」(初夏公開)のサウンドトラック盤が、全米アルバムチャート第1位に踊り出た。第2位はアリシア・キーズの「As I Am」だった。

同アルバムは先々週1週間で6万5000枚の売上を記録(米サウンドスキャン調べ)。全米アルバムチャート第1位になったサウンドトラックとしては、10年前にアカデミー作品賞を受賞した「タイタニック」以来の快挙になる。

また、同アルバムをリリースしたライノ・レコード(ワーナー・ブラザース・ミュージック傘下)の30年の歴史でも、これは初の偉業。スコット・パスクッチ社長は「『JUNO』のサウンドトラックがライノの初のナンバーワン・アルバムになるようだ。ライノらしい一風変わったクールなコンビネーションのサントラを、人々が愛してくれたようだ。音楽作品もこの素晴らしい映画にふさわしく完璧だものね」

映画「JUNO」は、16歳で妊娠という事態に直面してしまった女子高生ジュノ(エレン・ページ)が、里親探しに奔走し、子供が生まれるまでの9カ月間を悩み抜く姿をユーモラスに描いたコメディ。1月22日発表されたアカデミー賞ノミネーションでは、作品賞のほか、ライトマン監督が監督賞に、等身大のヒロインを演じたエレン・ページが主演女優賞に、これがデビュー作となる脚本家ディアブロ・コーディがオリジナル脚本賞にノミネート。製作したフォックス・サーチライト最大のヒット記録を更新中だ。

同アルバムには、キミヤ・ドーソン、キンクス、バディ・ホリー、ベル・アンド・セバスチャンソニック・ユース、モット・ザ・フープル、ベルベット・アンダーグラウンド、キャット・パワーの楽曲がフィーチャーされているほか、主演のエレン・ページと恋人役のマイケル・セラによるモルディ・ピーチズのカバー曲「Anyone Else But You」が収録されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi