「ちょうだーい!」の大歓声。「KIDS」初日、舞台から飴まく小池&玉木 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月4日 > 「ちょうだーい!」の大歓声。「KIDS」初日、舞台から飴まく小池&玉木
メニュー

「ちょうだーい!」の大歓声。「KIDS」初日、舞台から飴まく小池&玉木

2008年2月4日 12:00

飴より甘いマスクで女性ファンは興奮「KIDS」

飴より甘いマスクで女性ファンは興奮
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・乙一のベストセラー短編小説「傷 KIZ/KIDS」を映画化した「KIDS」が公開、2月2日に、東京・有楽町の丸の内TOEIにて栗山千明玉木宏小池徹平荻島達也監督が初日舞台挨拶を行った。

栗山、玉木が姿を見せると会場は黄色い歓声に包まれた。続いて主演の小池徹平が登場するや、詰めかけたファンから悲鳴に近い大歓声と割れんばかりの拍手が巻き起こった。

本作品は、他人の傷を自分に移すことができる特殊能力をもった青年アサト(小池)、過去に傷害罪で捕まり荒んだ生活を送るタケオ(玉木)、顔に大きな傷を負ったシホ(栗山)という3人の若者の友情と葛藤を描く。

挨拶に立った小池は「『肉親より大切なものがある』というタケオの台詞に感動した。友達を大切にしたいなと思った」と本作品のメッセージをアピール。撮影中の思い出に「玉木さんにアイスをおごってもらった」ことを挙げ、「僕がジャイケンで勝って……」と言いかけると、すかさず玉木が「ジャイケンじゃない、ジャンケンだろ!」とツッコミを入れ、客席の笑いを誘った。さらに「(買ってあげた)麩菓子を食べてくれなかった」と語る玉木に小池が「食べましたよ、パッサパサの麩菓子!」と返すなど、栗山が「仲いいなあ~」とあきれるほど息の合った掛け合いを披露した。

また、節分にちなんで“豆まき”ならぬ“飴まき”が行われ、4人が舞台上から客席に向かって飴をまくと女性ファンたちが「ちょうだ~い!」と絶叫。さらに劇中に登場する“ヘッシュ人形”を客席に投げると、会場の興奮は最高潮に。小池は「この映画のメッセージを多くの人に伝えて下さい」と爽やかな笑顔で挨拶を締めくくり、大歓声に送られて会場を後にした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi