ポール・ハギス監督がトム・クルーズのUAと契約 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月1日 > ポール・ハギス監督がトム・クルーズのUAと契約
メニュー

ポール・ハギス監督がトム・クルーズのUAと契約

2008年2月1日 12:00

[映画.com ニュース] 「クラッシュ」「ミリオンダラー・ベイビー」「父親たちの星条旗」で知られるオスカー受賞脚本家で、映画作家のポール・ハギスが、トム・クルーズ率いる映画スタジオ、ユナイテッド・アーティスツ(UA)と契約。UA傘下に、ボブ・ディランの名曲「追憶のハイウェイ61(Highway 61 Revisited)」にちなんだ“Hwy61”という社名の製作プロダクションを設立した。

ハギスは、UAとの契約通り、パートナーのマイケル・ノジク(「モーターサイクル・ダイアリーズ」製作者)と共に、今後1年間で2本の映画を製作することになる。

その第1弾は、今月映画化権をUAが取得した、オーストラリアの作家ジョン・フラナガンの児童向けアドベンチャー文学「Ranger's Apprentice」の映画化。ハギスは娘のアリッサと共同で脚本執筆にあたり、おそらくメガホンも取るものと見られる。

もう1本は、トム・クルーズポーラ・ワグナーと共同で“Hwy61”がオプション権を持つ、ジョゼフ・ワイスバーグ原作の「An Ordinary Spy」になる。こちらはクルーズ主演で、スパイアクションとして映画化される模様だ。

ハギス監督の最新作は製作・脚本も担当、トミー・リー・ジョーンズがアカデミー主演男優賞にノミネートされた「告発のとき」(初夏公開)。同作が昨秋のベネチア国際映画祭に出品された時、記者会見でアメリカ人ジャーナリストより、新興宗教サイエントロジーについての質問が、ハギス監督にぶつけられるという一幕があった。ハギス監督は同教団信者のクルーズの大のお気に入り監督になったのかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi