韓国映画は、07年度製作作品の90%が赤字!韓国紙が報道 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月31日 > 韓国映画は、07年度製作作品の90%が赤字!韓国紙が報道
メニュー

韓国映画は、07年度製作作品の90%が赤字!韓国紙が報道

2008年1月31日 12:00

[映画.com ニュース] 昨年製作された韓国映画で利益を上げたのは、10本に1本の割合だった、と韓国アリラン・ニュースが伝えた。

韓国映画協議会の発表によると、昨年公開された韓国映画は112本で、そのうち採算分岐点を突破したのはわずか13本だった。一方で、映画館人口は前年比でわずかながら増加したが、韓国映画のシェア率は前年から7%ダウンした51%に下落。外国映画にシェアを食われた。

昨年の韓国のボックスオフィスのトップ10の中に食い込んだ韓国映画は、アクションファンタジー「D-War」、80年の光州事件を描いた「光州5・18」、コメディ「カンナさん大成功です!」の3本だけだった。

同協議会は、韓国映画の人気の下落の原因として、作品の質の低下などを挙げている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi