アカデミー賞受賞作「クラッシュ」が年内にTVドラマ化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月30日 > アカデミー賞受賞作「クラッシュ」が年内にTVドラマ化!
メニュー

アカデミー賞受賞作「クラッシュ」が年内にTVドラマ化!

2008年1月30日 12:00

[映画.com ニュース] ポール・ハギス製作・監督・脚本のアカデミー作品賞受賞作「クラッシュ」(04)が年内にTVドラマ化されることが1月28日、明らかになった。

ハギス監督をはじめ、俳優のドン・チードルなど、映画版プロデューサー陣が、ほぼ揃ってTV版のクリエイターチームに加わることになる。

TV版「クラッシュ」は全13話から成る1時間ドラマとして制作され、今春撮影開始予定。米有料映画チャンネルStarzにて、早ければ今年8月にも独占放送されるという。

映画版は、TV畑出身のハギス監督が最初はTVドラマとして企画したものを映画化したという経緯がある。低予算映画だったことからカナダのライオンズゲート・エンターテインメントが北米配給し、05年のアカデミー賞で作品賞、脚本賞、編集賞の3冠を射止めている。

ハギス監督は「『クラッシュ』が元の状態に戻ることになって嬉しいし、物語がどんな風に広がり、変化していくのかとても楽しみ」とコメント。制作者の1人であるチードルも「LAの人種差別問題だけなく、多くの主題を提示できる」と期待を寄せる。

ちなみに、同様のパターンとしては、ノーマン・ジュイソン監督のアカデミー作品賞受賞作「夜の大捜査線」(67)が20年後、米CBSでTVドラマ化された前例がある。

007シリーズ第22作「007/クォンタム・オブ・ソラス(Quantum of Solace)」の脚本を手がけたハギス監督の新作は、トミー・リー・ジョーンズがアカデミー主演男優賞候補になった「告発のとき」。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi