デビッド・ベッカム、ユニセフ親善大使としてアフリカを視察 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月28日 > デビッド・ベッカム、ユニセフ親善大使としてアフリカを視察
メニュー

デビッド・ベッカム、ユニセフ親善大使としてアフリカを視察

2008年1月28日 12:00

人道的福祉的支援活動もハリウッドスター級

人道的福祉的支援活動もハリウッドスター級
Photo:AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米プロサッカーMLSのチーム、ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するデビッド・ベッカムが、1月18日、ユニセフ(国際連合児童基金)親善大使としてアフリカのシエラレオネ共和国を訪れ、マラリア治療センターなどを見学。自身のブログで、発展途上国の子供たちの高い致死率について対策を訴えた。

「我々は現実から目を背けるべきではない。途上国では毎日数万人の子どもが予防可能な病気で死んでいる」と語ったベッカムは、シエラレオネの人々から温かい歓迎を受け、悲劇に直面しているにも関わらず、笑顔を絶やすことなく未来に希望を持っていることに心を打たれたという。

シエラレオネの子供は4人に1人が5歳未満で亡くなっているという現状について、ベッカムは「自分が今回この地を訪れたことで、シエラオネだけでなく世界中で同じような状況にある子供たちの命について考えるきっかけになってほしい」とユニセフへの募金を呼びかけた。

ユニセフ発表の08年世界子供白書によると、シエラレオネの5歳未満の死亡率は27%と世界で一番高く、マラリアで5歳未満で死亡する子どもの数はサハラ南全体で毎年80万人に上る。

ユニセフ親善大使と言えば、晩年の女優オードリー・ヘップバーンがインドやソマリアなど世界各地を訪れ、貧しい人々のために尽力したのは有名な話。タレントの黒柳徹子やサンリオのキャラクター、キティちゃん(ハローキティ)も親善大使に任命されている。また、スペインのサッカーチーム、FCバルセロナは06年シーズンから無報酬でユニセフと5年契約を結んでユニフォームにユニセフロゴを入れ、児童福祉への支援を表明している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi