007シリーズ最新作「ボンド22」の正式タイトル決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月28日 > 007シリーズ最新作「ボンド22」の正式タイトル決定!
メニュー

007シリーズ最新作「ボンド22」の正式タイトル決定!

2008年1月28日 12:00

「カジノ・ロワイヤル」の続編のようだ。 (左から)マチュー・アマルリック、オルガ・キュリレンコ、 ダニエル・クレイグ、ジェマ・アータートン「潜水服は蝶の夢を見る」

「カジノ・ロワイヤル」の続編のようだ。
(左から)マチュー・アマルリック、オルガ・キュリレンコ、
ダニエル・クレイグ、ジェマ・アータートン
David Dettmann/(C)2008 Danjaq, LLC,
United Artists Corporation, Columbia Pictures
Industries, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1月24日、英パインウッド・スタジオで007シリーズ第22作の製作発表記者会見が行われ、ダニエル・クレイグら出演者やマーク・フォースター監督が出席し、その席上で、タイトルが「007/クォンタム・オブ・ソラス(Quantum of Solace)」になったと発表された。

同タイトルを直訳すると「慰めの分け前」。今年生誕100周年にあたる原作者イアン・フレミングが著した短編集「007/薔薇と拳銃」所収の一編「ナッソーの夜に(Quantum of Solace)」が原作になる。

ジェームズ・ボンド役は前作「007/カジノ・ロワイヤル」で、全世界興収約6億ドルを叩き出したダニエル・クレイグが続投。一部プロダクションはすでに昨年11月末より始まっている。

プロデューサーのバーバラ・ブロッコリによると、「最新作は前作『007/カジノ・ロワイヤル』のエンディングシーンから始まる」という。前作でエバ・グリーンが演じたヒロイン、ベスパー・リンドが回想シーンで登場するかは不明だが、「映画にフラッシュバックはないけど、ボンドの心に中に彼女は生きている」と語った。「前作よりアクションはふんだんで、よりボンドの内面が描かれる。原作はフレミングの作品の中でも異色のもの。陰謀やスパイ活動などより、登場人物に焦点を当てて描いたストーリーなの。これまでのどの作品より、007ファンに喜んでもらえるでしょう」と語った。また、今回もパナマ、チリ、バハマ、イタリア、オーストリア、ロンドンと世界中で大々的なロケーションをすることを明かした。

クレイグは「この作品ほど、前作との違いを出すのが難しい作品はないよ。タイトルについては映画を見ながら考えて欲しい。ありきたりな物語になるわけはないよ、だって、ボンド映画なんだから」とシリーズの魅力を語った。

悪役に決まっていた「潜水服は蝶の夢を見る」(ジュリアン・シュナーベル監督)のマチュー・アマルリックは、ボンドの宿敵であり、世界征服を目論む謎の組織の実力者ドミニク・グリーンを演じる。「トニー・ブレア(元英首相)の笑みとニコラス・サルコジ(仏大統領)の狂気に満ちた目つき」を持ったキャラクターだとアマルリックは説明した。

ボンドガールには、ウクライナ人女優オルガ・キュリレンコが決定している。彼女はボンドの復讐のミッションに参加するスパイで、スタントシーンのためにトレーニングを積んで撮影に挑んでおり、アクションの見せ場もたっぷりなファイターだそうだ。また、英国人女優ジェマ・アータートンは新キャストのMI6メンバー、フィールズ役で、ボンドとのラブシーンもある。

ボンドの上司M役でジュディ・デンチは6度目の出演となるが、Qやマニーペニーは登場しない模様だ。CIAエージェントのフェリックス・ライター役でジェフリー・ライトが、イタリア人応援スパイのレネ・マティス役でジャンカルロ・ジャンニーニが続投する。

クレイグによると、「もっとクラシックなボンド映画に近い。(シリーズ初期のプロダクションデザイナーの)ケン・アダムスがデザインしたような60年代のスパイ映画のタッチになる」という。

ネバーランド」「君のためなら千回でも」のマーク・フォースター監督、「クラッシュ」「告発のとき」のポール・ハギス脚本による同作は、今年11月7日全米公開。日本では09年正月第2弾として公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi