ジョニー・デップが、死亡したヒース・レジャーの代役に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月28日 > ジョニー・デップが、死亡したヒース・レジャーの代役に?
メニュー

ジョニー・デップが、死亡したヒース・レジャーの代役に?

2008年1月28日 12:00

ギリアム監督のため一肌脱ぐ?「ラスベガスをやっつけろ」

ギリアム監督のため一肌脱ぐ?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英ゴシップ紙サンの報道によれば、ジョニー・デップが、1月22日ヒース・レジャーが急死したため一旦は製作中止に追い込まれたテリー・ギリアム監督の新作ファンタジー映画「The Imaginarium of Doctor Parnassus」のピンチヒッターになるかもしれない。ギリアム監督は、デップをレジャーの代役に立てて、製作を続行させることを決意したそうだ。

同紙へのスタジオ関係者の発言によれば、「ヒースが魔法の鏡を通り抜けるシーンがあるんだ。彼はそうして別のキャラクターに変化するんだが、そこにデップが登場するわけだ」。本作は奇妙でファンタジックなタイムトラベル映画であり、ヒースが演じていた役の見た目が変わることに問題はなく、その役は(観客の)心に焼き付く役になるという。「デップのスケジュールはちょうど空いているし、誰もが皆、役を引き受けてくれることを祈っている」と語っている。本作でのレジャーの撮影は2カ月分残っていたそうだ。

デップは、アメリカ脚本家組合(WGA)ストライキの影響で、「シャンタラム(Shantaram)」(ミラ・ナイール監督)と「ラム・ダイアリー(The Rum Diary)」(ブルース・ロビンソン監督、原作ハンター・S・トンプソン)という2本の主演作が製作延期になり、さらにマイケル・マン監督が犯罪王ジョン・デリンジャーを描くユニバーサル映画「パブリック・エナミーズ(Pubric Enemies)」が3月撮影開始予定と、それまでスケジュールは確かに空いている。

デップは、ギリアム監督と「ラスベガスをやっつけろ」(98)というコンビ作があり、同監督の大ファン。現在になって再映画化の噂もある「ドン・キホーテを殺した男」(00年製作中止に)でも組んだ仲である。ギリアム監督が見舞われた2度目の窮地を救えるのはデップしかいないようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi