ライアン・ゴスリング、4代目ジャック・ライアンを襲名か? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月25日 > ライアン・ゴスリング、4代目ジャック・ライアンを襲名か?
メニュー

ライアン・ゴスリング、4代目ジャック・ライアンを襲名か?

2008年1月25日 12:00

「ラース・アンド・ザ・リアル・ガール」 のライアン・ゴスリング「レッド・オクトーバーを追え!」

「ラース・アンド・ザ・リアル・ガール」
のライアン・ゴスリング
(C)2007 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC
All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「レッド・オクトーバーを追え!」(90)、「パトリオット・ゲーム」(92)、「今そこにある危機」(94)、「トータル・フィアーズ」(02)。過去にアレック・ボールドウィンハリソン・フォードベン・アフレックが演じてきた、作家トム・クランシーによって創出されたヒーロー、CIA情報担当官ジャック・ライアンを主役とした新作を、パラマウント映画が計画中だという。米映画情報サイトMovieholeが伝えたもので、スタジオは新たなジャック・ライアン役として、「ハーフ・ネルソン」や「ラース・アンド・ザ・リアル・ガール」(08年日本公開)のライアン・ゴスリングに白羽の矢を立てたようだ。

同サイトによると、ハリソン・フォード主演の同シリーズを手がけたフィリップ・ノイス監督がすでに製作準備中で、タイトルは「By Any Means Necessary」になると明かしている。原作はなく、オリジナル脚本になるようだ。

一方で、「きみに読む物語」で知られるゴスリングにはもう1本、キルステン・ダンスト共演の「All Good Things」というラブストーリーの企画が舞い込んでいる。

舞台は80年代で、ニューヨークの不動産王の御曹司(ゴスリング)が貧しい地区生まれの美女(ダンスト)に恋にするが、彼女が姿を消し、ミステリアスな殺人事件が絡んでくるというもの。監督・脚本は、ドキュメンタリー映画「Capturing the Friedmans」が好評だった映画作家アンドリュー・ジャレッキで、これが劇映画デビュー作。米東海岸で4月より撮影開始予定だ。

ピーター・ジャクソン監督のファンタジー超大作「ラブリー・ボーン」を降板したゴスリングにとって、2本ともハリウッドパワー復権のチャンスかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi