ヒース・レジャー急死でテリー・ギリアム監督の新作がまたも撮影中止に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月25日 > ヒース・レジャー急死でテリー・ギリアム監督の新作がまたも撮影中止に!
メニュー

ヒース・レジャー急死でテリー・ギリアム監督の新作がまたも撮影中止に!

2008年1月25日 12:00

ギリアム監督作でのレジャー最期の姿「ロスト・イン・ラ・マンチャ」

ギリアム監督作でのレジャー最期の姿
Photo:Splash/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 出演俳優のヒース・レジャーが急死したため、テリー・ギリアム監督の最新作「The Imaginarium of Doctor Parnassus」(パルナッサス博士の想像力、の意)が製作中止になった模様だ。同作は昨年12月にロンドンでクランクインし、3月上旬まで撮影が行われる予定になっていたが、米アス・ウィークリー誌によると、来週からブルースクリーン撮影を行う予定だったカナダの撮影クルーの元には解雇通知が届けられたという。

同作は、パルナッサス博士(クリストファー・プラマー)率いる不思議な旅芸人の一行を描くファンタジー映画で、ヒース・レジャーは主役ではないものの、プラマーやトム・ウェイツバーン・トロイヤーといったアンサンブルキャストの中では観客を呼べる一番のスターだっただけに、彼なしでの撮影は続行不可能となった模様だ。なお、同作のプロデューサーはまだ今後の計画について明らかにしていない。

もし、これが現実のものになると、テリー・ギリアム監督にとっては製作中の映画の撮影中止は2度目の経験となる。00年、ギリアム監督はジョニー・デップ主演で「ドン・キホーテを殺した男」の撮影を開始したが、度重なるトラブルやジャン・ロシュフォール(ドン・キホーテ役)の病気降板などが理由で結局中断した。その映画が中断に追い込まれるまでの顛末を描いたドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」を気に入ったヒース・レジャーが、ギリアム監督作「ブラザーズ・グリム」(05)への出演を快諾したのは有名な話だが、そのレジャーが新たなギリアム作品をまたも製作中断に追い込むことになるとは、皮肉な話である。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi