竹内結子と犯人探しを競争?「チーム・バチスタの栄光」完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月24日 > 竹内結子と犯人探しを競争?「チーム・バチスタの栄光」完成
メニュー

竹内結子と犯人探しを競争?「チーム・バチスタの栄光」完成

2008年1月24日 12:00

あくまでも主役は“医療”「チーム・バチスタの栄光」

あくまでも主役は“医療”
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現役医師・海堂尊が執筆した「チーム・バチスタの栄光」の映画版が完成した。原作は、「このミステリーがすごい!」大賞受賞作で、現在までに総計200万部を売り上げた同名ベストセラー小説(宝島社文庫刊)。これを、「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化した。1月23日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて完成披露試写会が行われ、原作者の海堂氏と中村監督のほか、豪華出演陣の竹内結子阿部寛池内博之玉山鉄二田口浩正井川遥佐野史郎が舞台挨拶に登壇した。

本作は、バチスタ手術という高度な心臓外科手術を専門に行う“チーム・バチスタ”が、3例続けて原因不明の術中死を起こしたことから、これを故意の殺人と見た病院側の依頼によって、心療内科医・田口公子(竹内)と、厚生労働省の破天荒なキレモノ役人・白鳥圭輔(阿部)が犯人探しに奔走するという医療ミステリー。

この日は早朝から雪が降る生憎の空模様だったが、竹内らは会場に集まった熱い映画ファンに「雪が降るたびにこの映画を思い出していただければ」と感謝。一同が「また変わった役だが、思い切りやらせてもらった」(阿部)、「サスペンスあり、コメディあり。新しいジャンルを切り拓いた作品」(玉山)と自信を見せる中、海堂氏が「この作品の主役は医療。犯人探しは重要な要素だが、(主人公の)田口までを疑うと医療が崩壊してしまう」と語りかけると、キャスト一同も納得の表情を見せた。

主題歌を担当したEXILEのHIROとATSUSHIが駆けつけて完成を祝福する一幕もあり、最後に竹内が「私より先に犯人(探し)にたどり着く方もいるかもしれない。(皆さんと私との)競争です!」と呼び掛けると、会場は大いに盛り上がった。

チーム・バチスタの栄光」は2月9日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi