新妻は幸せいっぱい!麻生久美子「ハーフェズ/ペルシャの詩」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月21日 > 新妻は幸せいっぱい!麻生久美子「ハーフェズ/ペルシャの詩」初日
メニュー

新妻は幸せいっぱい!麻生久美子「ハーフェズ/ペルシャの詩」初日

2008年1月21日 12:00

おのろけいっぱい、笑顔いっぱい「ハーフェズ ペルシャの詩」

おのろけいっぱい、笑顔いっぱい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中で高く評価されている実力派アボルファズル・ジャリリ監督の、ローマ映画祭審査員特別賞受賞のイラン映画「ハーフェズ/ペルシャの詩」が1月19日、初日を迎え、東京・恵比寿の東京都写真美術館ホールにて主演の麻生久美子、コーディネーター/通訳のショーレ・ゴルパリアンが舞台挨拶を行った。

イランの国民的詩人ハーフェズの詩句に着想を得た本作品は、コーランを全て諳(そら)んじた者にのみ許される称号を受け、“ハーフェズ”と呼ばれるようになった天才詩人シャセセディン(メヒディ・モラディ)と、外国育ちの宗教家の娘ナバート(麻生)との禁断の恋を美しい映像で綴ったイラン版「ロミオとジュリエット」。麻生にとって初の海外進出となった作品だが、日本人女優がイラン映画で主演するのは極めて異例であり、注目を集めている。

昨年末にスタイリストの伊賀大介氏と結婚発表後、初めて公の場に登場した麻生は、終始ニコニコ顔で上機嫌。司会者から「おめでとうございます」と声をかけられ、さらにゴルパリアンが「以前から“ステキな大ちゃん”の話はよく聞いていた」と明かすと照れ笑いを浮かべ、「長いお付き合いだったので、あまり変わりはないんですが……ほんのちょっとだけ幸せになりました。その“ちょっと”がいいんですよ」と、のろけてみせた。

一方、全編イラン・ロケ、台詞は全てペルシャ語という難役を「最初は役になり切れるか不安だったが、あまり考えず、(シーン毎に)リセットする感じで演じた」という麻生。撮影中は役作りより食事に苦労したそうで、「日本から醤油、マヨネーズなど沢山持って行ったけど、スタッフと共演者に全部取られちゃった」と話し、会場の笑いを誘った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi