ジョージ・クルーニー、国連平和大使に任命される! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月21日 > ジョージ・クルーニー、国連平和大使に任命される!
メニュー

ジョージ・クルーニー、国連平和大使に任命される!

2008年1月21日 12:00

名実共に平和のために 闘うスターに!「シリアナ」

名実共に平和のために
闘うスターに!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中東を舞台にしたポリティカルスリラー「シリアナ」(05)の演技で、アカデミー助演男優賞を受賞した俳優のジョージ・クルーニーが1月18日、潘基文(ハン・キブン)国連事務総長から“国連平和大使”に任命された。

クルーニーは、06年9月14日に国連安全保障理事会で、国連平和大使でノーベル平和賞受賞作家ビーゼルと共に、アフリカのスーダン西部ダルフール地方における“ジェノサイド(大虐殺)”の実態を演説するなど、多くの難民を生んだダルフール紛争の解決を求めて運動してきた。今後は、国連(UN)軍による平和維持活動の認知度を世界各地で広める役割を担う。

国連平和大使は現在、アメリカ人俳優マイケル・ダグラス、世界的な指揮者兼ピアニストのダニエル・バレンボイム、ブラジル人作家パウロ・コエーリョ、イギリス人動物行動学者ジェーン・クードル、チェロ奏者のヨーヨー・マ、ヨルダンのハヤ王女(夫はUAEのシェイク・モハメド殿下)、作家エリ・ビーゼル、日本のバイオリン奏者五嶋みどりがおり、クルーニーで9人目となる(モハメド・アリルチアーノ・パバロッティなど前任者もいる)。

クルーニーは1月31日、ダルフールのUN軍総本部で行われる任命式に参加する。

また、クルーニーは「オーシャンズ」シリーズの親しい仲間のブラッド・ピットマット・デイモンドン・チードル(「ホテル・ルワンダ」)、製作者ジェリー・ワイントローブと共に、チャリティ基金「Not On Our Watch」を設立。名声を利用して、200万人とも言われるダルフール紛争の難民救済などの人道支援への協力を呼びかけている。07年12月にはそうした平和活動が認められて、ローマでチードルと共に平和サミット賞を授与された。

07年にはダルフール紛争の実態を描くポール・フリードマン監督のドキュメンタリー映画「Sand and Sorrow(砂と哀しみ、の意)」のプロデューサー兼ナレーターを務めた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi