「ニューロマンサー」ついに映画化!主演はヘイデン・クリステンセン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月16日 > 「ニューロマンサー」ついに映画化!主演はヘイデン・クリステンセン
メニュー

「ニューロマンサー」ついに映画化!主演はヘイデン・クリステンセン

2008年1月16日 12:00

サイバーパンクの名作の主人公に!「トルク」

サイバーパンクの名作の主人公に!
(C)2008 TWENTIETH CENTURY FOX
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SF作家ウィリアム・ギブソンによる“サイバーパンク”を代表する84年の名作小説「ニューロマンサー」の映画化プロジェクトが、遂に本格的に始動するようだ。

米映画情報サイトJoBloが伝えたもので、インディペンデント系スタジオ、セブン・アーツ・ピクチャーズが製作費7000万ドル(約77億円)で製作することが決定。監督はMTV出身で、オートバイ映画「トルク」のジョゼフ・カーン。また、新「スター・ウォーズ」3部作でダース・ベイダーになるアナキン・スカイウォーカー役で大ブレイクし、最新主演作のSF超大作「ジャンパー」(2月全米公開、3月日本公開)が控えるヘイデン・クリステンセンが、日本の“千葉シティ”に住む主役のコンピュータ・カウボーイ(ハッカー)の青年ケイスを演じることが分かった。

原作小説は、のちの「マトリックス」3部作に多大な影響を与えた小説で、舞台は巨大通信ネットワークが地球上を覆い尽くし、大企業に支配された近未来。サイバースペースに違法にジャック・インして情報を盗み出すコンピュータ・カウボーイの青年ケイスが、ある仕事の依頼を引き受けたことから壮大な陰謀に巻き込まれていく。84年の発表当時は近未来的だったサイバースペース(情報流通を3次元空間化したバーチャルリアリティ世界)が、セカンドライフなどの電子空間“メタバース”で一部現実化している現在、どんな映像で描かれるのかに要注目だ。

同原作の映画化については、これまでエイフェックス・ツインのミュージッククリップで注目を集めたクリス・カニンガム監督や、「スコーピオン・キング」「マスク」のチャック・ラッセル監督が熱望したものの実現には至らなかっただけに、今回こそ実現してほしいものだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi