石田卓也ら若手俳優が筋肉痛にも負けず走り抜いた「リアル鬼ごっこ」完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月16日 > 石田卓也ら若手俳優が筋肉痛にも負けず走り抜いた「リアル鬼ごっこ」完成
メニュー

石田卓也ら若手俳優が筋肉痛にも負けず走り抜いた「リアル鬼ごっこ」完成

2008年1月16日 12:00

全国の佐藤さんは必見「リアル鬼ごっこ」

全国の佐藤さんは必見
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 100万部を超える大ベストセラーとなった山田悠介の同名小説を映画化した「リアル鬼ごっこ」が完成。1月15日、東京・汐留のスペースFSにて完成披露試写会が行われ、主演の石田卓也谷村美月、大東俊介、柴田一成監督、主題歌を担当したKOTOKOが舞台挨拶に登壇した。

同作は、一匹狼の不良高校生・佐藤翼(石田卓也)が、国王が支配する西暦3000年の日本に迷い込み、佐藤姓の者だけが鬼に命を狙われる殺人ゲームに巻き込まれてしまうというストーリー。今から約2年前に撮影されたとあって、石田らは「やっと見てもらえる」と喜びもひとしお。特に、本作のために肉体改造をして撮影に臨んだ石田は、「初日から最終日まで走らない日はなかった」と撮影を振り返り、「体力的にはキツかったが、スピード感がなければダメな映画なので」と明かした。

一方、石田同様に鬼に追われる佐藤洋役を演じた大東は、「(石田と)どちらが足が速いのか?」との質問に「(陸上部なので)あからさまに僕で、合わせるのが大変だった(笑)。でも、初日に全力疾走して“大丈夫”と思ったら、次の日に筋肉痛になってしまったので、3日目からはストレッチをして臨んだ」と笑いを誘ったが、「僕は元から、翼ではなく洋がやりたかった。デビュー間もなかったが、洋としての自分が見えていたし、やりがいがあった」と、撮影を振り返った。そんな2人を、「撮影時は私だけ壁があったけど、今は仲良くなれたと思う」と語った谷村と、柴田監督が温かく見守っていた。

なお、この日は劇中に登場した“鬼”が乱入し、どこからともなく“鬼嫁”ジャガー横田が登場。本作について「普段味わえないスリルを楽しめた」と満足そうに語り、鬼にスリーパーホールドをかけて退治する一幕もあった。

リアル鬼ごっこ」は2月2日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi