ジョニー・デップが主演男優賞受賞!ゴールデン・グローブ賞結果発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月15日 > ジョニー・デップが主演男優賞受賞!ゴールデン・グローブ賞結果発表
メニュー

ジョニー・デップが主演男優賞受賞!ゴールデン・グローブ賞結果発表

2008年1月15日 12:00

映画仲間の前で受賞できず残念無念!「スウィーニー・トッド(1997)」

映画仲間の前で受賞できず残念無念!
(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
and DreamWorks LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来日していた今月9日に会見で「授賞式中止はとても残念」と語っていたジョニー・デップが、1月13日発表された第65回ゴールデン・グローブ賞で、ノミネート8回目にして初の主演男優賞に輝いた。また、主演したミュージカル「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」(ティム・バートン監督、1月19日公開)が作品賞(コメディ/ミュージカル部門)を受賞した。

また、最多ノミネートを受けていたキーラ・ナイトレイ主演作「つぐない」(ジョー・ライト監督、春公開)が作品賞(ドラマ部門)を受賞した。しかし、米製作者組合(PGA)賞、米監督組合(DGA)賞、米脚本家組合(WGA)賞では、「スウィーニー・トッド」共々ノミネート漏れしており、アカデミー賞レースでは依然逆風状態にある。

注目の監督賞は、「潜水服は蝶の夢を見る」のジュリアン・シュナーベル。同作は外国語映画賞も受賞した。

WGAストの影響で初の授賞式中止に追い込まれた同賞は、米NBCネットワークにより会見形式で次々と受賞者の名前が読み上げられ、予定の1時間を少々オーバーして発表された。会場のビバリー・ヒルトン・ホテルには例年ディナーの華やかな席を彩るスターの姿はなく、映画会社関係者、セレブのパブリシスト、ジャーナリストばかりで、会見をTVニュースクルー57台、新聞・雑誌記者125名、カメラマン40名が見守った。

結局、WGAメンバーは会場に現れなかったという。代わりに駆けつけたのはWGAストにより仕事を奪われ、健康保険をも失った大道具、音響、ヘア&メイク、ケータリングといった映画関係者であった。

なお、デップ以外の演技部門受賞者は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のダニエル・デイ=ルイス、「アウェイ・フロム・ハー」のジュリー・クリスティ、「エディット・ピアフ/愛の讃歌」のマリオン・コティヤール、「ノーカントリー」のハビエル・バルデム、「アイム・ノット・ゼア」のケイト・ブランシェット。いずれも米俳優組合(SAG)賞にもノミネートされており、“本番”のオスカー受賞に向けて盤石のものとした。ゴールデン・グローブ賞映画部門の受賞結果は以下の通り。

▼映画部門
▽作品賞(ドラマ)
つぐない
▽主演女優賞(ドラマ)
ジュリー・クリスティ(「アウェイ・フロム・ハー」)
▽主演男優賞(ドラマ)
ダニエル・デイ=ルイス(「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」)
▽作品賞(コメディ/ミュージカル)
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師
▽主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
マリオン・コティヤール(「エディット・ピアフ/愛の讃歌」)
▽主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
ジョニー・デップ(「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」)
▽長編アニメーション映画賞
レミーのおいしいレストラン
▽外国語映画賞
潜水服は蝶の夢を見る」(仏=米)
▽助演女優賞
ケイト・ブランシェット(「アイム・ノット・ゼア」)
▽助演男優賞
ハビエル・バルデム(「ノーカントリー」)
▽監督賞
ジュリアン・シュナーベル(「潜水服は蝶の夢を見る」)
▽脚本賞
イーサン・コーエンジョエル・コーエン(「ノーカントリー」)
▽作曲賞
ダリオ・マリアネッリ(「つぐない」)
▽主題歌賞
「Guaranteed」(「イントゥ・ザ・ワイルド」、作詞・作曲エディ・ベダー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi