ニューラインがワーナーに続き、次世代DVDにブルーレイを選択 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月11日 > ニューラインがワーナーに続き、次世代DVDにブルーレイを選択
メニュー

ニューラインがワーナーに続き、次世代DVDにブルーレイを選択

2008年1月11日 12:00

[映画.com ニュース] 先日、ワーナー・ブラザースが次世代DVDディスクのフォーマットを、ブルーレイに一本化すると発表したが、それに追従して、タイム・ワーナー・グループの映画スタジオであるニューライン・シネマも、ブルーレイに一本化すると発表。HD DVDによるソフトの供給を終了することになった。

ニューライン作品の有名なものとしては「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、「セブン」「エルム街の悪夢」シリーズ、「オースティン・パワーズ」シリーズなどがあり、「ライラの冒険/黄金の羅針盤」(3月1日公開)も同社の作品。

これにより、HD DVDディスクの供給を行っているメジャースタジオはユニバーサルとパラマウントのみとなってしまったが、米経済紙フィナンシャル・タイムズはこのほど、「パラマウントもブルーレイへの転換を検討している」と報じた。

08年末までHD DVD陣営との契約があるパラマウントはこの記事を真っ向に否定したものの、米業界紙バラエティは、パラマウントとHD DVDとの契約に含まれていないスティーブン・スピルバーグ監督作品「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の、年末にもリリースされる次世代DVDはブルーレイになるとの見方を示している。

今年は米パラマウントが「ゴッドファーザー」3部作や「フォレスト・ガンプ/一期一会」「タイタニック」、米ユニバーサルが「 E.T.」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ、「ジュラシック・パーク」シリーズをリリース予定。両社のカタログにはHD DVDで供給とあるが、業界紙は次世代DVDフォーマット戦争はブルーレイの圧勝と予測しており、ブルーレイでのリリースもあり得ると噂されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi