ジェフリー・ライトが「ボンド22」でCIAスパイを続投! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月7日 > ジェフリー・ライトが「ボンド22」でCIAスパイを続投!
メニュー

ジェフリー・ライトが「ボンド22」でCIAスパイを続投!

2008年1月7日 12:00

[映画.com ニュース] かねてよりの噂通り、「ボンド22(仮題)」の悪役に、全米の映画賞を席巻しているジュリアン・シュナーベル監督作「潜水服は蝶の夢を見る」(2月9日公開)の主演俳優マチュー・アマルリックが正式決定した。さらに、前作「007/カジノ・ロワイヤル」(06)でジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)の盟友であるCIAエージェントのフェリックス・ライターを演じたジェフリー・ライトが、再び同役でキャスティングされたという。

ジェフリー・ライトは、シュナーベル監督の「バスキア」でタイトルロールのジャン=ミシェル・バスキア役に抜擢され頭角を現して以来、着々とキャリアを積んできた黒人俳優。最近では「カジノ・ロワイヤル」以外にも、M・ナイト・シャマラン監督作「レディ・イン・ザ・ウォーター」やオリバー・ヒルシュビーゲル監督作「インベージョン」に出演している。

フェリックス・ライターはこれまでのボンド・シリーズでも幾度となく登場。米ソの冷戦時代から、西側のスパイ同士としてボンドの友人であった人物で、英国情報部のMやQなどに次ぐシリーズの準レギュラー的存在。初代ジャック・ロードをはじめ、デビッド・ヘディソンバーニー・ケイシージョン・テリーらが演じてきたが、黒人が演じたのはライトが初めて。

「ボンド22」のプロットなどについては、ずっと沈黙が保たれており、主人公ボンドの深層心理を深く掘り下げるということ以外の内容は明かされていない。正式なタイトルも未発表のままで、ダニエル・クレイグの発言からシンプルに「007」となるのではないかと噂されている。1月3日にロンドンよりパインウッド・スタジオで撮影が始まり、11月7日の全米公開を目指す。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi