スピルバーグ監督の社会派ドラマに「ボラット」が出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月7日 > スピルバーグ監督の社会派ドラマに「ボラット」が出演!
メニュー

スピルバーグ監督の社会派ドラマに「ボラット」が出演!

2008年1月7日 12:00

ビッグスター勢揃い!「スウィーニー・トッド(1997)」

ビッグスター勢揃い!
(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
and DreamWorks LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ボラット/栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」でゴールデン・グローブ主演男優賞を受賞し、ティム・バートン監督の「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」(1月19日公開)にも出演しているコメディアンのサシャ・バロン・コーエンが、スティーブン・スピルバーグ監督の社会派映画「The Trial of the Chicago 7(シカゴ7裁判)」で、60年代末のベトナム反戦運動で知られる政治活動家アビー・ホフマンを演じることになった。英サンデー・タイムズ紙が伝えた。

アビー・ホフマンは、68年の民主党全国大会でベトナム反戦デモを行って逮捕された7名(シカゴ7)の一人。60年代のカウンター・カルチャーを代表する人物の一人で、イッピー(青年国際党)の共同設立者であり、裁判官にLSDの服用を薦めたり、ウッドストック・コンサートでザ・フーのステージを中断させて政治スピーチをするといったユニークな行動や、マリファナ栽培法や火炎ビン作成法を書いた著作「この本を盗め」などで有名だ。

同作は、シカゴ7の裁判を描くもの。スティーブン・スピルバーグが監督、「ア・フュー・グッドメン」「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」やTVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」の脚本家アーロン・ソーキンが脚本を担当。ドリームワークス製作で、2010年の全米公開を目指すと言われている。

スウィーニー・トッド」でもバートン監督が絶賛するほどの歌声を披露しているバロン・コーエンは、先頃アタリ役のボラットとアリ・Gからのリタイア宣言をしたばかりだが、早くもスピルバーグ監督作でシリアスな演技に挑むことになった。

米バニティ・フェア誌のスピルバーグ監督のコメントによると、同作にはオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが弁護士ウィリアム・クンスラー(のちに米弁護士組合会長を歴任)役で出演するという。またウィル・スミスケビン・スペイシーの配役も考慮中とのことだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi