「ハリポタ」のダニエル・ラドクリフが報道写真家役に挑戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月7日 > 「ハリポタ」のダニエル・ラドクリフが報道写真家役に挑戦!
メニュー

「ハリポタ」のダニエル・ラドクリフが報道写真家役に挑戦!

2008年1月7日 12:00

「ハリポタ」からも脱皮?「ブラックホーク・ダウン」

「ハリポタ」からも脱皮?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが、北アフリカのソマリアで悲劇的な死を遂げた報道カメラマンを描く伝記映画「ジャーニー(Journey)」に主演することになった。英オブザーバー紙が伝えたもの。

ラドクリフが演じるのは、実在したロイター通信の英国人カメラマン、ダン・エルドン。彼は93年にソマリアの内戦を取材中の7月12日、首都モガディシオで民衆たちに投石され、22歳の若さで命を落とした人物。マドンナやジュリア・ロバーツが彼の写真のコレクターとして有名だ。ちなみに、リドリー・スコット監督の映画「ブラックホーク・ダウン」に描かれたのは、エルドン死後の10月3日に、モガディシオで行われたアメリカ軍とアイディード派武装軍の市街戦だ。

映画は、97年に出版された彼の遺稿「The Journey is the Destination」を元に描かれるそうだ。この役はオーランド・ブルームライアン・フィリップヒース・レジャーホアキン・フェニックスらも希望していたが、ダン・エルドンの母親でジャーナリストでもあり、その手記の映画化権を持つキャシー・エルドンが、チャールズ・ディケンズの名作をTV映画化した英BBCの「デビッド・カッパーフィールド」(99)でデビッド少年を演じたラドクリフを切望。昨年末に彼の両親同席のもと、ロサンゼルスのフォーシーズンズ・ホテルで会って、息子ダン役に即決したという。

プロデューサーを務めるダン・エルドンの母キャシーはまた、本年中の撮影開始を希望し、息子ダンが生前住んでいたケニアで撮影される予定だ。監督は「恋は嵐のように」のブロンウェン・ヒューズ、脚本は「シャイン」「きみに読む物語」のジャン・サルディが担当する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi